闇金からの借金も債務整理できますか?【疑問解決】

闇金からの借金も債務整理できますか?【疑問解決】

闇金からの借金も債務整理できますか?【疑問解決】

債務整理とは、法律の力を借りて借金を減額する手続きのことを言い、任意整理、個人再生、自己破産といった種類があります。任意整理では利息を減額もしくはゼロにしたり、無理なく返済できるように返済期間を延ばしてもらったりなど金融機関と交渉をします。個人再生では、利息だけでなく元本までも大幅に減らすことができ、さらに住宅ローンの支払いを続けることができるならマイホームを失わずにすみます。自己破産では、免責が下りればすべての借金を帳消しにすることができます。債務整理の対象となる借金は、金融機関からの借金に限らず、個人からの借金などもすべて含むことになります。しかし、闇金からの借金が含まれている場合にはやや扱いが異なります。
金融業を営むためには、必ず国や都道府県知事に登録をして、貸金業法を遵守して営業しなければなりません。しかし闇金は、登録もしておらず、貸金業法も守っていない違法業者です。最高裁判例によると、このような違法業者からの借金は利息を返す必要がないことはもちろん、超高金利での貸付については元本すら返済の必要がないとされています。つまりは、返済する必要がないので、債務整理を行なう必要もないかのように思えます。
闇金は、自分たちが違法業者であることをわかったうえでやっているので、非常にやっかいな存在です。警察に捕まらないノウハウをもっているので簡単には捕まりませんし、債務整理をしても解決できない場合があります。自己破産をして借金がゼロになった場合、本来なら闇金に対しても対抗できるはずなのですが、そこで取立てが止むこともあれば、取立てをやめないような悪質な業者も存在します。
債務整理を行なうとき、このような違法業者からの借金がある場合には必ず弁護士にその旨を伝えましょう。法律事務所によっては、違法業者からの借金が絡んでいる場合は引き受けてもらえないこともあります。借金を整理できても、その後も取立てや嫌がらせが続いては意味がないですから、法律事務所を選ぶときは闇金問題に強く、しっかりと問題を解決してくれそうなところを選ぶことが大切です。
家族や職場にまで嫌がらせが及んでしまうと、弱気になってお金を支払ってしまうことがありますが、お金を払ってしまっては味をしめられてますます関係を切れなくなるので、絶対にやめましょう。違法業者に騙されたと思ったら、すぐに警察に連絡をして、さらに借金問題については警察では解決できないので、弁護士に依頼することが大切です。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

闇金からの借金も債務整理できますか?【疑問解決】関連ページ