債務整理の注意点|知らないと損するデメリットまとめ

債務整理の注意点|知らないと損するデメリットまとめ

債務整理の注意点|知らないと損するデメリットまとめ

債務整理をする上での注意点は、連帯保証人の責任です。連帯保証人は債務者がお金を返さない場合に、代わりに支払わなければなりません。債務整理をするということは、連帯保証人に支払ってもらうことを意味します。よって弁護士を通して手続きをする通知を債権者に送ると、債権者は連帯保証人に取立てを始めます。債権者は一括で支払いように要求するので、分割で支払う選択ができません。この時に一括で払えないと連帯保証人の信用情報にも悪影響を与えるので、弁護士に必ず連帯保証人がいることを伝えます。すると連帯保証人の支払い能力に応じて一緒に債務整理をするか検討が始まります。また返済を口座引き落としにしている人も注意です。債権者への返済を停止するので、消費者金融へのATMなどカードによる返済は問題ありません。しかしクレジット会社や信販会社への返済は、銀行口座で自動引き落としになっていることが多いので、手続きを開始しても返済が行われることがあります。通常は通知によって自動引き落としを停止できますが、通知を受けるのが引き落とし日と近い場合は、停止措置が間に合いません。よってその銀行口座を解約するか、残高を0円にするなど対策をとります。債務整理を開始すると、債務者が使っていたクレジットカードはハサミで切って返却する措置がとられます。一度返却すると二度と使うことができません。これらの手続きは事故として信用情報に傷が付きブラックリストに載るので、他のクレジットカード会社で契約できる可能性は低いです。ブラックリストには5年間~10年間は保管されるので、ローンを含む大きな買い物をすることができません。そして、債権者が銀行である時の注意点は、預金の引き出しができなくなることです。銀行にも通知が送られ受け取り次第、債権者名義の銀行口座は凍結されます。同じ銀行であれば支店が異なっても口座を使うことはできません。債務整理を始める前に預金残高を全て引き出しておく必要があります。特に給与の振込を銀行口座に指定していると、勝手に入金されて引き出すことができません。銀行は口座を凍結した後に、口座の残高で少しでも借入額を埋め合わせようとします。一般的に保証会社が、債務者に代わって借入金を返済する代位弁済を行って、債務者は保証会社と話し合うことになります。代位弁済が終わると銀行は口座の凍結を解消するので、預金の引き出しが自由にできます。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

債務整理の注意点|知らないと損するデメリットまとめ関連ページ