債務整理の着手金はいくら?相場を徹底調査しました!

債務整理の着手金はいくら?相場を徹底調査しました!

債務整理の着手金はいくら?相場を徹底調査しました!

債務整理は簡単に書くと借金の整理を指す言葉です。自分ひとりでは借金の返済がどうしようもなくなった場合に法律の専門家へと依頼することで法律の専門家が借金の取立てを担当して借金の軽減につなげます。その際には着手金がかかります。
弁護士などに依頼する場合には、最初に着手金を支払った上で弁護士が金融機関と交渉を行い、成功して債務者が利益を得られる状態になった場合においては成功報酬を弁護士に支払うということになります。ですので、弁護士費用には最初と最後にお金がかかることを留意しておく必要があります。
債務整理を行う場合、弁護士費用は実は債務整理の種類によって支払う金額が違ってきます。
まず任意整理は、利息の支払いのみを支払わなくてすむようにする整理方法です。最初に支払うお金は約3万円ほどで成功報酬の相場としては約10万円ほどが目安となります。
次に個人再生ですが、こちらは借金の元額を大幅に減らして一定の額のみを月々返済する形になります。成功報酬の相場は任意整理よりもかかります。着手金は約40万円ほど支払い、成功報酬は減額されたお金の1割から2割程度を相場とします。
自己破産では借金の一切を無くします。メリットは借金を支払う必要はないことですが、弁護士費用は高くなります。着手金は約40万円から約60万円ほどとなります。成功報酬はかかりませんが、その代わり裁判所に支払う費用が予納金や印紙代などを含めて1万5千円から2万円ほど支払うことになります。また、自己破産という性質上自分の保有する財産の一部を取り上げられる可能性がある方法です。
過払い金の返還の場合は、金融機関へと支払いすぎた利息があった場合お金を取り戻すことができます。こちらは手始めに20万円ほど支払っておき、返還に成功したときには約40万円程度を弁護士費用として支払うことになります。
自分に借金があってどうしようもなくなったときにおいては、自分に合った借金の整理方法を選んで弁護士に相談した方が良いといえます。自己破産においては最終手段としておき、できるだけ任意整理または個人再生などを選ぶようにしておくと良いでしょう。
弁護士事務所によっては着手金は無料としているところもあり、成功報酬についてのみ請求するというところも存在します。また、任意整理においては減額報酬を支払わずにすむところもあります。
自分にあった弁護士事務所を探すために情報を仕入れて活用していくことは大事です。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

債務整理の着手金はいくら?相場を徹底調査しました!関連ページ