債務整理はすぐに取り立てを止めることができますか?

債務整理はすぐに取り立てを止めることができますか?

債務整理はすぐに取り立てを止めることができますか?

お金を金融機関で借りて返済できない場合は、取り立てがくるようになります。こういうと、何かとても恐ろしいもののように感じるかもしれませんが、そのようなことはありません。期日までに入金がないと、まず個人名で電話がかかって来るようになります。この電話は1日に数回程度です。それでも入金が確認されない場合は、今度はこれも個人名で、督促状が送られてくるようになります。督促状は最初は穏やかな文面ですが、段々厳しいものへとなって行き、それでも返済がされない場合は、金融機関から訴訟を起こされて、一括返済を命じられます。
今の法律では、取り立てはこのような流れになっています。よく言われるように、金融会社の社員が家まで来るとか、督促の電話がしょっちゅうかかるということは、正規の金融機関であればまずありません。違法行為になるからです。しかし例外もあります、それは闇金の場合です。闇金は元々が違法業者であるため、金利もかなり高く、返済できない時の取り立ても、違法とされていることを平気で行います。もちろん家や職場に来ることもありますが、存在そのものが違法の業者であるため、警察に通報すればその場で逮捕されます。また、もし闇金を利用したのがわかった場合は、闇金専門の弁護士や司法書士に相談して、指示を仰ぐようにしましょう。
その一方で、取り立てがくるけど返済できない場合は、金融機関に連絡して、返済方法を見直してもらうのが一番です。もしそれでも返済が難しい場合は、債務整理がお勧めです。債務整理には任意整理や自己破産など、何種類かの方法がありますので、自分の収入や生活スタイルに合ったものを選ぶようにしてください。また債務整理をした場合は、一定の期間ブラックが信用情報に登録されますので、その間は借り入れやクレジットカード、ローンなどの申し込みはできなくなります。また、ブラックが信用情報から消えた後も、債務整理の対象となった金融機関の利用は難しくなります。
それから自己破産をした場合は、官報に氏名が載り、業種によっては一時的に停職になったり、企業の場合は配属を変えられることもあります。とはいっても、自分から言い出さない限りまず他人に知られることはありません。この場合一番気を付けるべきは闇金です。官報に目を通している闇金業者が、破産宣告をした人に融資のDMを送りつけるからです。しかし前出のように、闇金は違法業者であり、利用すると面倒なことになりますので、絶対に利用しないようにしましょう。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

債務整理はすぐに取り立てを止めることができますか?関連ページ