債務整理の種類|違いやメリット・デメリットをまとめて解説

債務整理の種類|違いやメリット・デメリットをまとめて解説

債務整理の種類|違いやメリット・デメリットをまとめて解説

債務者は弁済が困難になると債務整理を行う必要が生じますが、債務整理には任意整理、特定調停、個人再生、自己破産の4種類の方法があり、それぞれに利点と欠点があります。
4種類の債務整理の方法のうち、もっとも多くの人が選ぶ方法は任意整理です。任意整理は、債務者が債権者と直接交渉をして債務の免除や弁済方法の変更などを目指す方法です。基本的には二者による話し合いですが、債務者側は弁護士を代理人として立てた上で話し合いに臨むケースが大半です。任意整理では交渉に成功すれば、大事な財産を失うことが無いままで債務問題をある程度まで解消させることができますが、債権者と個別に交渉しなければならないため、債権者の数が多いと時間とかかり、弁護士に対する出費も多くなる点や、債務の一部免除に成功すると弁護士に減額報酬を支払わなければならない点がデメリットとなります。
特定調停は、債務者と債権者の間に裁判所で選任した調停委員が入って、調停手続によって債務問題の解決を目指す方法です。調停が成立すれば、任意整理と同じように債務の一部が免除されたり、弁済の条件が債務者の負担が少なくなる形に変更されますが、過払い金の返還交渉を調停手続の中で行うことはできません。デメリットとしてあげられる点には任意整理と共通する部分も多いことから、使い勝手が悪い方法とされており、特定調停が選択できるケースであっても任意整理による債務整理が選択される傾向にあります。
個人再生は、民事再生手続の一つで、裁判所から認可を受けた再生計画案にしたがって一定の債務を完済できれば、残りの債務がすべて免除される債務整理の方法です。再生計画案は、申し立てた裁判所が選任する個人再生委員の助言を受けながら指定期日までに作成し、債権者から同意が得られれば裁判所の認可を受けられます。強制的に債務をなくすことができる反面、継続して収入が得られており、住宅ローンなどを除いた債務総額が5,000万円以下でなければならないなど、利用可能な人が限られる点や、手続に時間がかかる点が欠点です。
自己破産は、支払不能の状態に陥った債務者が裁判所に申し立てることで、破産手続と免責手続の2つの手続を経て、すべての債務が免除される方法です。個人再生は条件付きで債務が免除されるのに対して、自己破産は一連の手続が終結した段階で債務が免除されます。しかし、財産を保有している場合は破産管財人によってその多くが処分されることになり、手続をすすめている最中は資格の効力や移動の自由に制限が加わり、行動を起こす際にも裁判所からの許可が必要となる場合があるなど、デメリットも多いです。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

債務整理の種類|違いやメリット・デメリットをまとめて解説関連ページ