債務整理の進め方を徹底ガイド~失敗しないために~

債務整理の進め方を徹底ガイド~失敗しないために~

債務整理の進め方を徹底ガイド~失敗しないために~

借金に困って生活や事業が立ち行かなくなったとき、債務整理という方法があるのをご存知でしょうか。この債務整理とはあくまでも借金の清算方法をとりまとめた総称であり、具体的には「任意整理」、「個人再生」、そして「自己破産」の三つの方法が存在します。この三つの方法は、借金を清算するにあたってどれでも自由に選べるわけではなく、債務の総額や性質、債務者の支払い能力によって利用できるものが異なっています。それでは、この三大債務整理方法の内容とはどのようなものか、そしてそれらの選び方と手続きの進め方について見て見ましょう。

まず一つ目の方法である任意整理ですが、この方法では弁護士や行政書士などプロの介入を経てお金の貸主である債権者との話し合いを持ち、借金を減額もしくは無くしてもらうよう和解する方法です。債権者としても、貸したお金の全てが返済されない危険は回避したいものであり、どうしても債務者が全額の返済が困難だと認められた場合、その一部を免除することがあります。弁護士などを介入することで、減額などの内容が口約束にとどまらず、双方にとって安全な取引となります。おおむね36回から60回程度の返済によって借金が完済できると判断された場合に適応される事が多く、取引の進め方としては、まず債権者もしくは債務者が法律事務所などに依頼することから始まり、個人間では難しいやり取りを文書に残しながら的確にすすめます。

続いて二つ目の方法である個人再生ですが、この方法では借金の一部を免除することで、個人の生活再生を図ります。借金が高額にのぼる際に適応される事が多く、約5分の1程度に借金を減額することで、3年以内の返済を目指せる見込みが立った時に選ばれます。こちらも弁護士をはじめとした法律のプロがその判断を担うことがおおく、取引内容もしっかりと定められます。

そして最後の方法である自己破産ですが、この方法は任意整理もしくは個人再生を適応してもその返済のめどが立たない場合に選ばれる方法です。借金の全ては帳消しになりますが、財産に変えられる家財道具などはすべて処分することになるほか、個人信用情報機関への情報登録がなされます。明言されてはいませんが、おおむね5年から7年間、あるいは10年以上にわたってクレジットカードの作成ができなくなったり、住宅ローンや自動車ローン、フリーローンなどあらゆる融資が受けられなくなるなど、デメリットも大きいので、この自己破産という方法の選択については、法律に詳しいプロの判断を仰ぎながら慎重に手続きを進めることになります。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

債務整理の進め方を徹底ガイド~失敗しないために~関連ページ