債務整理をすぐしたい方のための最短方法を解説!

債務整理をすぐしたい方のための最短方法を解説!

債務整理をすぐしたい方のための最短方法を解説!

債務整理は法律を利用して行うもので、借金問題を抱えてしまった場合に利用する事で、借金問題を解決する事が出来ます。

また、債務整理には自己破産、任意整理、個人再生、特定調停などの方法が在り、債務者の状態や借金の種類、借金の総額、借入れ件数など、法律を利用して借金問題を解決する事が出来ます。

任意整理は借金を減額して残りの借金を返済していく手法で、減額するためには債権者との交渉が必要になります。
個人再生や自己破産などの場合は裁判所を利用して手続きを行いますが、任意整理は裁判を利用する事無く借金問題の解決が出来ます。
更に、任意整理では債務整理を行う借金を選べると言う特徴が在ります。

自己破産などの場合は全ての借金が対象になるのですが、任意整理は整理したい借金だけを対象と出来るため、ローンを組む時に連帯保証人を立てている借金などを除外して任意整理を行う事で保証人に迷惑をかける事無く借金問題を解決できると言ったメリットも在ります。

また、裁判所を利用して手続きを行う個人再生や自己破産などの場合は官報に掲載されることになりますが、任意整理は債権者との交渉が主体となるので、官報に掲載されると言った事が有りません。

尚、債務整理は個人で行う事も出来るのですが、債権者との交渉を行なったり、過払い金が発生している場合など取引履歴の開示や裁判所への申し立ておよび再生計画書の提出などが必要になるため、一般的には弁護士や司法書士などに依頼を行うケースが殆どです。

また、借金が返せなくなる事で債権者からの催促や取り立てを受ける事になるなど、精神的なストレスも加わりますので、自分で債務整理を行うと言う事は難しいものです。

尚、法律事務所で借金相談を行う事で、任意整理、自己破産、個人再生の何れかの方法で借金問題を解決して貰う事が出来ますが、弁護士に依頼をした場合は弁護士介入通知、司法書士に依頼をした場合は受任通知と呼ばれている通達が債権者にすぐに送付されることになります。

弁護士介入通知や受任通知と言うのは効力を持つ書類で、依頼を受けた弁護士などはすぐに債権者に対して送付するため、その時点から催促や取り立てがストップすると言ったメリットが在ります。

尚、受任通知を受け取った債権者は、債務者と直接面会を行なったり、電話連絡を行う事などが法律で禁止されており、これを守らずに債務者に対して催促などを行えば行政処分を受けるなどの効力が在ります。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

債務整理をすぐしたい方のための最短方法を解説!関連ページ