【債務整理】陳述書を書くときに気をつけたい3つのポイント

【債務整理】陳述書を書くときに気をつけたい3つのポイント

【債務整理】陳述書を書くときに気をつけたい3つのポイント

債務整理の手続きを行うと、支払請求や催促、取り立てと言った事がストップすると言ったメリットがあります。
これは弁護士や司法書士が介入する事で、債権者は直接債務者に対して、支払の要求や電話などでの催促および取り立てが出来なくなるからです。

また、借金が全て無くなる事も有れば、減らすことが出来るなどのメリットに繋がります。
このように、借金を抱えている場合は、債務整理を行う事で色々なメリットが出て来るので、来月の支払いに頭を悩ませたり、催促の電話などでビクビクとした生活を送らなくても良くなります。

尚、債務整理では利息が多く支払われている場合、過払い金の返還請求を行う事で借金を減額する事も出来ます。

債務整理には幾つかの方法が用意されており、それぞれの方法には特徴が在りますが、債務者が最も良いと思われる方法を選んで借金問題を解決する事が出来るようになっています。

尚、法律事務所では借金の相談を無料で行ってくれる所が多く在るので、一人で悩み苦しむのではなく、無料相談を受ける事が大切です。
また、無料相談を受ける時の注意点は、現在の状況などを担当する弁護士や司法書士に対して隠す事無く話をしていく事です。

任意整理は債権者との交渉により借金問題を解決していくことになりますが、自己破産や個人再生などの場合は裁判所を利用する事になるので、偽った事を話してしまうと後々トラブルが起きてしまう事も有ります。
例えば、自己破産の場合は裁判所に対して、破産申し立てを行って裁判所の許可を得る事が必要となりますし、個人再生の手続きの場合は、裁判所に対して再生計画書の提出により手続きが進められていくことになります。

これらの書類を作成して貰う上で、きちんと説明をしておくことが大切ですし、借金をした理由など陳述書を作成して借金問題を解決する事になります。

陳述書と言うのは、どのような経緯で借金が増えて行ったのかと言う事をまとめ上げる書類で、債務者の話を聞いて弁護士や司法書士などが作成をしてくれます。
また、高額な費用が掛かる旅行の有無やギャンブルの有無、高額な買い物をしている場合は商品名などを記載する事も有ります。

職歴なども陳述書に記載すべき項目で、過去10年間の職歴を記載し、勤務していた期間や会社名なども記載する事になります。

これ以外にも、借金をし始めた時期、過去に債務整理をした経緯や差し押さえを受けているのか否か、借金をした理由を文章で書き上げて行く必要が在ります。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

【債務整理】陳述書を書くときに気をつけたい3つのポイント関連ページ