債務整理のその後の生活が気になる!※なにに影響するのか

債務整理のその後の生活が気になる!※なにに影響するのか

債務整理のその後の生活が気になる!※なにに影響するのか

債務整理には、任意整理、個人再生、自己破産といった種類があります。任意整理では、弁護士が金融機関との間に入って交渉して、利息を減額あるいはゼロにしたり、返済期間を延ばして無理なく返済できるようにしてくれます。個人再生では、利息だけでなく元本までも大幅に減らすことができ、さらに住宅ローンを返済していけるならマイホームを残せるというメリットがあります。自己破産では資産はすべて失いますが、借金をすべて帳消しにすることができます。
債務整理をしたという情報は、重要な個人情報であり、プライバシーで守られていますので、弁護士や裁判所、金融機関などから漏らされる心配はありません。自分で言わない限りは、職場や賃貸の大家さんにも知られる心配はないので、仕事をクビになったり、賃貸の部屋を追い出されたりといった心配もありません。
債務整理をすることの共通するデメリットとして、個人信用情報にブラック情報が記載されるというものがあります。個人信用情報にブラック情報が載ると、金融機関の審査にほぼ通らなくなり、クレジットカードやローンが利用できなくなります。
任意整理をした場合には、和解が成立した時点からおよそ5年間、個人再生と自己破産の場合には、CICとJICCにはおよそ5年間、全国銀行個人信用情報センターにはおよそ10年間記録が残ります。全国銀行個人信用情報センターには原則として銀行が加盟していますので、銀行の審査には10年間影響しますが、消費者金融や信販会社の審査には5年が経過すれば通るようになることが多いです。
債務整理をしても、クレジットカードもローンも利用せずに5年が経過して、その後の生活に全く影響がなかったという人もいます。その半面、車が必要な地域に住んでいるので、自動車ローンが組めなくなってその後の生活が大きく制限されたという例もあります。クレジットカードについてはデビットカードやプリペイドカードなどの代替品があるのでさほど不便はないでしょうが、ローンが組めないということは思っている以上に不便なので、よく考えて、生活の工夫をすることが大切です。
賃貸契約の保証会社の審査にも影響することがあるので、5年以内に引越しを考えている人は注意しましょう。保証人をたれられれば保証会社の審査は必要ないので、賃貸ではなるべく保証人を用意するようにしましょう。
任意整理や個人再生をした場合には、減額された借金を原則として3年以内に完済する計画を立てますが、この借金の返済中にもしも延滞をしてしまうと、ブラック情報が記載される期間が延びることになるので注意が必要です。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

債務整理のその後の生活が気になる!※なにに影響するのか関連ページ