債務整理に失敗しないために抑えるべき3つのポイント!

債務整理に失敗しないために抑えるべき3つのポイント!

債務整理に失敗しないために抑えるべき3つのポイント!

借金問題を抱えてしまった人がそれを解決するために方法として選択することになるのが債務整理です。
日本国内ではいくつかの制度がありますが、それぞれの人の状態に合わせて方法を選択すればかなり高い効果を期待できることになるでしょう。
ただしかし、どのような時でも最善の結果だけを思い描いているのでは問題です。
世の中のこと100%と断言できることはほとんど無いのが現実であり、そしてこれは債務整理でも同じです。
どんな人が制度を利用するにせよ、債務整理が失敗する確率はゼロでは無いのです。
これはどういうことかというと、まず最も効果が大きい自己破産を例として考えてみましょう。
自己破産は現段階の債務が返済できなくなっているのであれば、免責を受けることによってその債務の返済義務を解除してもらうことになります。
本当に返済不可能になっていると判断されるのであれば、この免責は高確率で受けられることになるでしょう。
ただしかし、ここで失敗の原因になり得る要素としてあるのが免責不許可事由の存在です。
これは免責を不許可とするような理由、例えば浪費や虚偽の申請などが該当しますから、こうした理由があるのであれば自己破産の適用を申請したところで債務が削減されることはありません。
加えて税金の請求などの一部債権に関しては国民全員に対して請求されることから自己破産でも免責してもらうことが出来ないとされています。
こうした理由がある以上、必ず債務整理が成功する保証はないと言えます。
次に過払い金返還請求と併せて行うことが一般的となる任意整理の場合ですが、これもやはり成功が保障されているわけではありません。
そもそもこの方法は債権者と債務者の交渉によるものですから、交渉が決裂するようであればどれだけ長い時間をかけても意味は無くなります。
最近では任意整理の交渉には応じないとしているような貸金業者もいますので、かつてと比べると成功率はかなり低くなっているとして想定した方が良いでしょう。
この他の特定調停も任意整理と同じく交渉決裂の可能性がありますし、個人再生も債権者の半数以上もしくは債務総額の半額以上の反対があれば却下されてしまいます。
このように債務整理では100%の成功が保障されているわけでは無く失敗することもあるとして考えておき、実際に手続きに入る前に成功率を高めるために自分が出来ることは無いかどうかをチェックしておかなくてはならないと言えるのです。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

債務整理に失敗しないために抑えるべき3つのポイント!関連ページ