債務整理で信用情報はどうなる?|債務整理後の生活

債務整理で信用情報はどうなる?|債務整理後の生活

債務整理で信用情報はどうなる?|債務整理後の生活

よく行なわれる債務整理として、任意整理、個人再生、自己破産があります。任意整理では、利息を減額もしくはゼロにすることができます。個人再生では、借金の元本までも大幅に減らすことができます。そして自己破産では、すべての借金をゼロにすることができます。
いずれの種類の手続きをとっても、個人信用情報に事故情報が残るというデメリットがあります。信用情報に事故情報があると、ほとんどの金融機関では審査に通らなくなるので、クレジットカードやローンが利用できなくなります。クレジットカードもローンも利用しないから大丈夫だと甘く見ている人はいますが、ローンを組めないことは一般人が思っている以上に不便です。例えば、車がないと生活できない地域に住んでいる人は、自動車ローンが組めなくなって自動車を分割で購入できないことは生活に大きな支障がでることがあります。また、賃貸契約では保証会社をつけることがありますが、保証会社の審査にも影響することがあります。保証人をつければ保証会社は必要ないですし、すべての保証会社の審査に通らなくなるわけでもないので賃貸契約ができないというわけではありませんが、選択肢は狭まってしまいます。
信用情報に事故情報が残っても、それが一生残るわけではありません。任意整理の場合は、和解が成立した時点からおよそ5年間が経過すれば事故情報は消えます。任意整理をした後、原則として3年以内に整理した借金を完済することになりますが、この借金の返済で延滞をしてしまうと、事故情報が記載される期間が延びることになるので注意が必要です。個人再生と自己破産の場合には、CICとJICCでは任意整理と同様に5年間記載されますが、全国銀行信用情報センターにはおよそ10年間記載されることになります。全国銀行信用情報センターに加盟しているのは主に銀行ですので、銀行のカードローンや住宅ローンなどの審査には10年間影響してきます。消費者金融や信販会社の審査には5年が経てば通るようになることも多いです。
延滞を3ヶ月以上続けた場合にも事故情報は残りますが、この場合は借金を完済してから5年が経過するまで消えません。延滞によってブラックとなった場合には、借金を完済できないといつまでも事故情報が残り続けてしまうので、債務整理をしたほうが早く事故情報が消せる場合もあります。一般には延滞よりも債務整理をしたほうが傷は深いと考えられていますが、場合によってはいつまでも借金を完済できずにいるよりも債務整理をしてしまったほうがいい場合もあるということです。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

債務整理で信用情報はどうなる?|債務整理後の生活関連ページ