債務整理は司法書士に頼むべき?教えてほしいことあれこれ

債務整理は司法書士に頼むべき?教えてほしいことあれこれ

債務整理は司法書士に頼むべき?教えてほしいことあれこれ

金融機関から借金をして、返済できない時はまず返済方法を見直すようにしましょう。しかし、返済方法を変えても全額返すのは難しいということもあるものです。このような場合には債務整理がお勧めですが。債務整理の依頼は、弁護士と司法書士のどちらに依頼するといいのでしょうか。これはどちらでもそう変わりはありません。費用もほぼ同じくらいで、任意整理で20万円から25万円くらい、自己破産で30万円くらいが相場になっています。むしろ司法書士で相談料を取らない事務所の場合は、相談料がかかる弁護士事務所よりも、若干ではありますが経費を抑えられることもあります。
手続きも同じで、まず債務整理の方法をどれにするか決めます。ある程度収入があって、売却できるものがあれば任意整理、収入が少ない場合は自己破産を選ぶといいでしょう。それが決まれば債権者に受任通知を出してもらい、この通知が相手に届いた時点で債権者側からの督促が止まります。その後は指定された書類を提出して、手続きをしてもらいます。この書類提出は、早ければ早いに越したことはありませんので、できれば数週間程度で終わらせるようにしましょう。
ただし自己破産をする場合は、注意が必要です。なぜかといいますと、自己破産は裁判所で破産宣告を行うわけですが、司法書士が裁判所で代理業務を行えるのは、対象となる金額が140万円までと決められているからです。ですから、債務額が140万円を超える場合は、弁護士に依頼した方がいいでしょう。もっとも司法書士に頼んだ場合でも、書類は作成してくれますし、当日は裁判所に同行もしてくれますので、特にそれで困るということはありません。
また、債務整理の方法によっては、弁護士も司法書士も必要としないものもあります。これを特定調停といい、自分で裁判所に申し立てを行うやり方です。その後何度か裁判所に足を運び、調停委員会を通じて債権者と交渉を行い、返済額を決めます。双方が合意に達すると、法的効力の強い調書を作ってもらえますので、後はそれに従って返済を続けて行きます。この特定調停は、自分で申し立てを行うため経費が少額で済むのが、大きなメリットです。しかしデメリットもあります。受任通知を出してもらわないため、調停の最中でも督促が来るということです。また、さほど多い回数ではありませんが、裁判所に足を運ぶ必要がありますので、特定調停に入る前には、その点に留意しておきましょう。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

債務整理は司法書士に頼むべき?教えてほしいことあれこれ関連ページ