債務整理を専業主婦がするための条件

債務整理を専業主婦がするための条件

債務整理を専業主婦がするための条件

専業主婦でも債務整理をすることができますが気になるのが家族への影響です。
総量規制の問題で専業主婦が自分名義で大量の借金をするのは難しくなりましたが、独身時代に借金をして働きに行かなくなり収入が無くなり、返済ができなくなってしまい債務整理をしなければならないというパターンは意外と多いです。
家族に打ち明けられず借金がそのままになり、いつしか返済できなくなってしまった場合に債務整理しますが、この時に家族への影響やばれないかを考えると思います。
専業主婦と言いましても契約者は本人であり自分名義ですから家族は関係なく、基本的に影響はありません。
もし保証人が家族であれば、そちらに返済を求めて連絡が行く可能性が高いのでばれてしまう危険性は高いでしょう。
いくら家族であっても保証人でなければ返済する義務はないのです。

もう一つ気になるのが返済の問題ではなく、信用の問題になります。
返済できずに債務整理を行なうとブラックリストに載ってしまい、数年間はクレジットカードを作れませんが、これも家族への影響はありません。
あくまでも専業主婦本人の信用情報が登録されますので家族の信用情報が記録される訳ではないのです。
ですから家族がお金を借りる場合に信用は関係なく利用できますが、賃貸を借りる時や転職する時に契約する側が本人だけではなく家族の信用も調査して契約しようとする場合がありますので、その時に何かしらの影響がでる可能性はあります。
しかし、目に見えた影響がでる訳ではありません。
ここでは家族の影響と書いていますが、夫、子供、親全てに通じますので何も心配することはないのです。

一つ注意しなければならないのがマイホームを持っている方です。
マイホームを購入する時に夫婦でお金を出し合って購入して、夫だけではなく夫婦二人の名義にしている状態で自己破産を行なうと借金の返済のために専業主婦の名義分が競売に掛けられる可能性があります。
もしそうなると競売で落札した方と夫との名義の物件となりますから事実上任意売却を行なってマイホームを手放すことになります。
またブラックリストに載るとクレジットカードを作れないのは当たり前ですが、夫が借金をしたい時やローンを組みたい時に保証人になることができないため不便になることもあるでしょう。

このように債務整理を行なうことは基本的に家族に影響を与えませんが、時として不便が生じることがあるでしょう。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

債務整理を専業主婦がするための条件関連ページ