債務整理で生活保護はどうなっちゃうのか教えて!

債務整理で生活保護はどうなっちゃうのか教えて!

債務整理で生活保護はどうなっちゃうのか教えて!

生活保護制度と言うのは、生活に困窮する人々に対して、困窮の程度に応じた保護を行って、最低限度の生活を保障する事、自立を助長することを目的が在ります。

そのため、僅かな収入しかない場合など、給付金を受ける事で生活を行えるように、月々所定額の給付金を受け取ることが出来ると言う事です。

生活保護を受けている人などの場合、何らかの理由により借金をすることになり、返済が困難になってしまうケースや、従来からの借金返済が、収入が激減したことで返済が出来なくなり、更に給付を受けているお金の一部を返済に充当していたけれども返済が困難になるケースも在ります。

借金問題を解決する事が出来るのが債務整理なのですが、債務整理は生活保護を受けている人も出来るのでしょうか。

債務整理には任意整理、自己破産などの方法が在りますが、任意整理の場合は借金を減額して、減額後の借金の支払いが生じる事になります。

そのため、給付金を返済に充てる必要が出て来ますが、ここで問題視されるのが、生活をする目的で給付を受けているお金を借金返済に利用する事が許されるのかどうかと言う事です

役所の職員の中には、生活保護は生活を安定させる目的で支払われるものであり、借金返済に充当する事は許されないと言う人も居ると言います。
ですが、給付金の使い道と言うのは法律上の制限は在りませんので、法令などについて理論上は許されることになります。

尚、ここで問題となるのは給付金を返済に回してしまった場合、生活が出来るのかと言う事です。
給付金は生活が出来るように支払われているお金となるので、原資の大半を借金返済に回してしまえば生活が出来なくなる可能性も出て来ます。

また、給付金を借金返済に回すことで、生活保護自体が中止となってしまい、給付金を受け取れなくなる恐れも出て来ます。

債務整理には任意整理だけではなく自己破産と言う方法も在ります。
自己破産は全ての債務が無くなると言う方法で、給付金も引き続き受け取れるなどのメリットも在ります。
そのため、借金の額にもよりますが、任意整理を選ぶよりも自己破産を選んだ方が良いと言う事になります。

尚、自己破産と言うと全てを失うと言うイメージが在りますが、自由財産については手元に残す事が出来ますし、給付金についても従来通り支給される事からも、債務整理をする場合は任意整理を選ぶのではなく、自己破産を選ぶ事が妥当だと言われています。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

債務整理で生活保護はどうなっちゃうのか教えて!関連ページ