債務整理って奨学金に影響するの?※債務整理する前に

債務整理って奨学金に影響するの?※債務整理する前に

債務整理って奨学金に影響するの?※債務整理する前に

多重債務に陥り、やむなく債務整理をする場合、任意整理、個人再生、自己破産の3つの方法があります。
債務の中に奨学金が含まれている場合、債務整理の対象となれば連帯保証人に弁済義務が発生します。
そのため、債務整理をすることになっても、奨学金だけは払い続けたいと思う人も多いでしょう。
任意整理の場合は、裁判所を通さず債権者と個別に交渉するため、奨学金を整理から除外することが可能です。
しかし、裁判所の認可が必要な個人再生や自己破産は、特定の債務の除外は認められません。
どうしても個人再生や自己破産を選択せざるを得ない場合、奨学金の連帯保証人には事前に話をしておくことが必要です。
多くの利用者がいる日本学生支援機構の場合、本人が個人再生や自己破産の認可を受けると、第一の連帯保証人にこれまでの延滞分の弁済請求の連絡がなされます。
連帯保証人に負担をかけず、自分で払いたい場合は機構に相談してみましょう。
一例として、連帯保証人名義の振込用紙を使って、毎月銀行や郵便局で支払う方法があります。
振込額の欄は空欄になっているので、最低弁済月額以上の金額を記入し、毎月返済していきます。
しかし、債務整理直後は、最低弁済額を支払うのも苦しい状態であることもままあります。
その場合はたとえ1,000円でもいいので、毎月の期日までに振り込みましょう。
どんなに少額でも毎月きちんと振り込んでいれば、連帯保証人に請求がいくことはありません。
ただし、毎月の最低弁済額以上を入金しなければ債務は減っていかないため、なるべく早く生活を立て直し、最低弁済額以上を毎月支払えるような状態を目指しましょう。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

債務整理って奨学金に影響するの?※債務整理する前に関連ページ