債務整理をする前に知りたい!【連帯保証人がいる場合は?】

債務整理をする前に知りたい!【連帯保証人がいる場合は?】

債務整理をする前に知りたい!【連帯保証人がいる場合は?】

自己破産を行うには?

自己破産をした場合、家族にそれを知られてしまう可能性は高いです。債務整理の中でも自己破産すると家族に知られてしまう可能性が高いので、自己破産という選択をなかなかできないでいる人たちも多いです。

自己破産という債務整理をなかなかできないでいると、ずるずると借金の金額だけが膨らんでいく結果にもなります。

 

債務整理をする前に知りたい!


家族に自己破産が知られてしまう理由として、①官報や破産者名簿に記載される②個人信用情報機関に登録される③不動産や自家用車を処分する④債権者からの取立て⑤家族が連帯保証人だと家族に対して債権回収業務が移る⑥裁判所からの呼び出し通知などの郵便物が届く。というようなことがありますので注意が必要です。

「官報や破産者名簿に記載される」という点では、ほとんど一般の人たちの目には触れることが少ないですが、インターネットでも官報を閲覧できるので可能性は高くなってきています。

 

 

自己破産とクレジットカード


「個人信用情報機関に登録」ということでは、クレジットカードを作ることができないことや、新たなローンを組むことができないので家族にも知られる危険性があります。

もし、自己破産している家族がいれば、不動産や処分の対象となる自家用車などを差し押さえられたりすることで自己破産が知られてしまいます。

自己破産の場合、法律に関係なく自宅まで取立てにくる悪質な債権者がいたりします。

家族が連帯保証人になっている場合には、家族に債権回収業務がはいります。

 

自己破産すると


郵便物などが自宅に届くことで、家族に自己破産の手続きをしていることが知られてしまいます。

自己破産は申し立てをした本人のみに適用されるもので、配偶者や子どもなどには基本的に影響は及びません。しかし、財産をすべて処分された場合には、家族の影響がまるっきりないとは言い切れません。


必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

債務整理をする前に知りたい!【連帯保証人がいる場合は?】関連ページ