債務整理を親バレせずに成し遂げる方法

債務整理を親バレせずに成し遂げる方法

債務整理を親バレせずに成し遂げる方法

債務整理をしても、滅多なことでは親バレはしません。
バレてしまう方に共通するのは、親にうっかり話してしまうことです。
親は子供の性格を一番よく知っていますし、態度を見ているだけで何かあると察してしまいます。
家に取り立ての電話が来るときは、原則として業者は個人名を名乗ってきますが、毎日のように電話が来ればお金を借りていると感づかれる可能性はあります。
会話の内容からローンを利用しているとバレることもあります。
ローンの利用を感づかれてしまえば、債務整理をしたときに親バレする可能性も高くなります。
借金をしていることがバレていなければ、親としても債務整理という発想は出てこないかもしれません。

債務整理を担当する弁護士はプライバシーを考慮してくれます。
親や職場にバレるのは避けたいと話しておけば、バレないように工夫してくれるでしょう。
自宅に郵送書類を送付するときは、法律事務所ではなく個人名で送るなど工夫してくれます。
電話連絡は自宅の固定電話を避けて、携帯やスマホにくれるように話しておきましょう。
郵送書類と電話連絡にさえ注意すれば、親に内緒にしながら借金整理ができます。

親バレしないために注意したいのは、それらしいことを親の前で話さないことです。
親は想像以上に勘が鋭いので、何気なく話している会話からバレる可能性はあるでしょう。
ローンに関することは一切口に出さないほうがいいでしょう。
バレてしまう方の多くは、自分からバラしてしまっているケースが多いのです。

ただし、債務整理をしたことで家族に影響するような場合は、話しておいたほうがいいでしょう。
借金整理をすることで誰にも迷惑をかけないならば、話す必要はまったくありません。
ローンを利用できる年齢は20歳以上であり、自身で責任を負える年齢です。
弁護士に相談して任意整理や自己破産などを行う場合も同じく、自己責任で手続きを進めることになります。

家族や親に話すべきかどうかは、弁護士とも相談して考えましょう。
完全な個人用の消費として借りたローンなら内緒にしておいても問題ありませんが、生活費やリフォーム費用など家計の出費に該当する場合は話したほうがいい場合もあります。
自分ひとりで節約をするよりも、家族全員で節約したほうが家計は楽になります。
親バレするのが怖いという方は、最初に勇気を出して告白してしまうのも手でしょう。
親に迷惑をかけなければ、知られても大きな問題にはならないはずです。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

債務整理を親バレせずに成し遂げる方法関連ページ