債務整理に年齢制限はある?債務整理の条件まとめ

債務整理に年齢制限はある?債務整理の条件まとめ

債務整理に年齢制限はある?債務整理の条件まとめ

債務整理をするのに年齢の条件があるのでしょうか。
法律的には年齢の条件はありません。
ただ未成年の場合ですがそもそも債務整理をする必要はありません。というのも未成年の人とは貸金の契約ができないという法律があるからです。
親が保証人になっている場合でも同じことです。
もしも未成年と契約した場合にはその契約自体が無効ですので取り立てされることもありません。
成人している場合にはどうなのでしょうか。
債務整理とは借金を免責したり少なくする手段の事を指します。
主に特定調停と自己破産と個人版民事再生と任意整理とがあります。
個人再生や特定調停の場合は借金を免責する手段と言うよりも圧縮する手段になります。ですので圧縮した後は必ず返済していけるほどの安定した収入があるというのが条件なのです。
年の増している方は定年退職してることも多いので無収入の方は認められないこともありますが、仕事を持っている方でしたら高齢でも認められることがあるので年で判断されると思う必要はありません。
そして自己破産の場合ですが、こちらは支払能力が無いことが条件ですので定年退職して支払いのあてがない方の場合は認められることが多いのです。
もちろん仕事をしていても返済できないことが認められると面積がおります。
こちらもあまり年は関係ないものと思ってください。
それでは任意整理の場合はどうでしょうか。
任意整理は他の三つの手段とは違い裁判所を通じず行う和解交渉の事を指します。
債権者一軒一軒に交渉をして借金を圧縮してもらうのです。圧縮してもらう時に発生した過払い金を利用します。
過払い金とは支払い過ぎた利息のことなのですが、これを相殺して借金を安くできるのです。
もしも過払い金が無かった場合でも自己破産をされるよりもメリットがあると債権者に思われれば認められる可能性があります。
またこの場合も年齢は関係ありません。
勿論債権者次第なのですが、やはりその人が任意整理をした後に返済できるほどの経済力があるかどうかを見られることが多いのです。
自分の年齢がいっているからといって債務整理をあきらめる必要はありません。四つもの手段がありますのでほとんどの場合はそのどれかの方法で借金の問題を解決できます。
ただ人生は長いのでできるだけ早いうちにしておくことをおすすめします。
そのまま放置していても借金はなくなることはなくただストレスが溜まるだけで前に進むことができません。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

債務整理に年齢制限はある?債務整理の条件まとめ関連ページ