債務整理の方法|あなたにあった方法の選び方ガイド

債務整理の方法|あなたにあった方法の選び方ガイド

債務整理の方法|あなたにあった方法の選び方ガイド

借金問題を抱えてしまった人がその状況を改善するための方法として選択することになるのが債務整理ですが、この方法は一つではありません。
最も良く知られているものとしては自己破産がありますが、自己破産のほかにも任意整理や個人再生、特定調停と言ったようなものがあります。
それぞれによって債務整理の結果は異なりますから、それぞれの特徴をしっかり押さえておくことが必要です。
ではそれぞれの特徴としてはどういったものがあるのかですが、まず自己破産については地方裁判所に申し立てをして現状抱えている債務の一切を免除してもらうという形になります。
債務整理の方法としては最も効果が大きいものとなりますが、その後7~10年間は自己破産をしたことが信用情報に残ることになりますので一切の借金は出来なくなるとして考える必要があるというのが特徴です。
また財産の没収が行われる可能性もありますから、マイホームなどを持っていて、それを失いたくないのであれば選択しづらいと言えます。
次に任意整理ですが、これは債務者が債権者と直接交渉をすることでその後の返済プランを見直すものです。
一般的には利息制限法による過払い金請求を並行して行うことになりますから、もし過払い金があれば返してもらえること、加えて今後の利息についてはカットしてもらえることがメリットとなります。
しかしながら交渉である以上は互いが合意に至らなければ意味がないということがデメリットで、中には交渉決裂という結果に終わるケースもあるのがネックとなります。
三つ目の個人再生は、地方裁判所に対して債務整理の申し立てをすることで債務を最大1/5まで圧縮する形になります。
債権者の不同意があると制度利用が出来なくなることもありますが、ここで同意しなかった場合にはほとんどの債務者が自己破産に移ってしまうために不同意が起こることはあまりありません。
自己破産ほどの債務削減効果は無い物の、任意整理と比べると債務削減効果は大きいとして考えられます。
そして四つ目の特定調停ですが、これは簡易裁判所を介して債権者と交渉をする方法です。
利息制限法による引き直し計算と将来利息のカットがされることは任意整理と同様ですが、任意整理では作られなかった調停証書が作られるため、万が一その後の返済が遅れた時には即座に差し押さえが行われる可能性がある点がデメリットになります。
とはいえ債務整理対象を自由に選べるため自動車ローンや住宅ローンは整理しないなどの柔軟な対処が出来ることは大きなメリットでしょう。
このようにさまざまな方法が選べるわけですから、制度利用前にはしっかりと考える必要があります。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

債務整理の方法|あなたにあった方法の選び方ガイド関連ページ