債務整理は結婚に影響する?!~不安に本音で答えます~

債務整理は結婚に影響する?!~不安に本音で答えます~

債務整理は結婚に影響する?!~不安に本音で答えます~

借金で首が回らなくなった、返済額が多く過ぎて生活することができない、そういった時に考えるのが債務整理や自己破産といったものになります。自己破産は借金をすべてご破算にすることで、自分の持っている財産も失います。そして債務整理は借金額を減らして重い金利から解放されることを言います。そしてこれらは最後にたどりつくべき方法であって、本来はなるべく行わない方がいいのです。その理由として信用問題に関わってくるからで、自己破産はもちろんのこと、債務整理というのも本来の借金の額を減らして返済するもので、一部とはいえ踏み倒していることと同じことになるのです。
それゆえ信用情報に関わってきて、行った場合、その後数年間に渡ってローンなどを組めなくなります。別にその程度なら問題ない、そもそも借金の総額が減っても返し続ける必要があって、ローンなど組んでいる余裕がない、そう考えるかもしれません。

しかし問題が発生してきて、例えば結婚を控えている場合はどうするのか、自分の信用情報を傷つけてしまった場合はクレジットカードを作れなくなりますし、ローンなども組めなくなります。また自分で行わなくとも保証人になることさえできなくなってしまうので、場合によっては日常生活にトラブルが起こってしまうケースもあります。
しかし整理をしないで借金を返し続けた場合、かなりの額となって利息だけでも大変なことになってしまいます。それを考えたら結婚前に整理して綺麗な身になっておく方が良いかと思われます。

また一般的な認識として、現在、借金を持っているというよりも、昔に借金を作ったがなんとか返し終わった、もしくは整理して返している最中だという方が少しはマシに感じられるものです。そしてローンに関しては、配偶者が特に借金などなく、信用情報に傷がついていない場合、そちらの名義で組める可能性も出てきます。結婚後に整理をすると巻き込まれる可能性もありますので、このままでは返せないと感じたら、早めの決断が必要となってきます。

そして信用情報はやがては回復するもので、クレジットカードも持てるようになりますし、ローンも組めるようになります。ただしこれらは残っている借金をすべて返し終わり、さらに年月を要してのことになります。そのくらい重いことですが、法的とはいえ借金をすべて、もしくは一部を踏み倒すことになるのですから、このくらいのデメリットは当然と考える必要があります。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

債務整理は結婚に影響する?!~不安に本音で答えます~関連ページ