債務整理で後悔しないために知っておくべき3つのこと

債務整理で後悔しないために知っておくべき3つのこと

債務整理で後悔しないために知っておくべき3つのこと

金融機関でお金を借りたのはいいけど、収入が少ないとか、予定以上に使ってしまったなどといった理由で、返済できない場合はどうすればいいでしょうか。その時は、まず借り入れた金融機関に連絡をして、返済方法を見直してもらうよう相談することです。特に、収入が少なくなったなどの理由で返済しづらくなった時は、まずこの方法を採ることをお勧めします。
それでも返済が難しい時は、債務整理を行うことになります。債務整理の方法は任意整理、自己破産、特定調停など何種類かあるので、自分の生活スタイルや収入に合った方法を選ぶようにします。このうち任意整理は、一定の期間内で債務を分割返済する方法です。一定の収入がある場合、売却できる家財道具がある場合などにお勧めです。
一方で収入が少ないとか、債務額が大きいような場合には自己破産がいいでしょう。これは裁判所に破産宣告を行って、債務を帳消しにしてもらうものです。免責が下りた時点で、借金から解放されます。この2つはいずれも弁護士や司法書士に依頼して行います。特定調停というのは、弁護士や司法書士に依頼せずに、自分で裁判所に申し立てを行い、調停委員会を通じて債権者と交渉して、返済額を決めるものです。経費がかからないのが一番のメリットですが、何度か裁判所に足を運ぶ必要があります。
また債務整理をした後は、その後しばらくお金を借りたり、クレジットカードを申し込んだりといったことができなくなります。任意整理や特定調停では5年、自己破産で7年が一応の目安ですので、事前にこれを確認しておいて、後悔しないようにしましょう。また、債務整理の対象となった金融機関も、その後お金を借りる、クレジットカードを申し込むといったことが難しくなりますので、これも事前に把握しておくようにしましょう。
また自己破産の場合は、官報に氏名が掲載され、金融業や士業の場合は、一時的に就業できなくなることがあります。ただし、本人から打ち明けない限り、まず人にわかることはありません。ただし官報をチェックしているヤミ金業者などが、破産宣告をした人に対して、DMを送りつけてくることがしばしばあります。ヤミ金は違法の業者で金利が高く、返済できない時の取り立ても容赦ないため、1度利用すると厄介なことになってしまいます。自己破産後は特にお金がないため、つい利用してしまいたくなりますが、利用すると後悔の元になりますので、絶対に利用しないようにしてください。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

債務整理で後悔しないために知っておくべき3つのこと関連ページ