債務整理【個人再生】ってなに?-他の方法と徹底比較

債務整理【個人再生】ってなに?-他の方法と徹底比較

債務整理【個人再生】ってなに?-他の方法と徹底比較

債務整理は今やどなたにとっても大変身近なものです。自分の収入の範囲内で生活を行うのが当然ですが、普段から意識して倹約に努めていてもいざという時の出費や万が一の事故等はどなたにでもありえる話です。そのような時に自分の身を守るのは自分自身です。普段から貯蓄や堅実な生活を心がけていくべきです。自分自身が債務超過に陥った場合で、返済困難と思った時は、速やかに専門家である弁護士や司法書士に相談を行うべきです。多くの事を代行してくれますので、忙しい方にも最適です。債務整理はその時の自分の債務の額や、収入の有無、返済が可能な状態かどうか等で取れる手段が大きく異なるので、事前に自分で調べておきましょう。収入の見込みが立たない方は自己破産という選択肢を取る方が多いです。これは全ての債務がなくなる代わりに資産の大部分も没収されるというものです。しかし、債務に陥った理由がギャンブル等の射幸的行為の場合は、この限りではありません。このような方が取れる選択肢には個人再生があります。これは債務を約、5分の1程度に圧縮した上で残りの金額を毎月按分して支払っていくという方法です。これを使えば、大幅に債務が減るので、返済していく事が十分に可能となります。個人再生は住宅やマンションを処分されたくない方などが取る場合が多いです。自己破産、個人再生共にメリット、デメリットは存在していますので、専門家に相談をして自分に最適な債務整理の方法を考えていきましょう。

債務整理には、任意整理、特定調停、個人再生、自己破産の4種類がありますが、このうち個人再生を選ぶメリットとはなんでしょうか?
個人再生とは、任意整理と自己破産の中間のような制度であるとよく言われます。
任意整理は、弁護士が消費者と金融機関との間に入って、利息をゼロにしてもらうように交渉する手続きです。任意整理は裁判所を通さない手続きであり、交渉がメインで進められていきます。
任意整理では利子しか減額できないのに対して、個人再生では元本も大幅に(5分の1程度に)減らすことができます。しかし、借金の負担が大きすぎて任意整理では解決できない場合には、自己破産という制度もあります。
自己破産では、免責が下りるとすべての借金をゼロにすることができます。それならば、自己破産を選ぶほうがメリットが大きいと思うかもしれませんが、実は債務整理の中で個人再生を選ぶはっきりとしたメリットは存在します。
それは、個人再生では住宅ローン債務だけは減らせませんが、そのかわりに住宅ローンを払い続けることができればマイホームを失わずにすむということです。住宅ローンの返済自体に困っている場合にはこの方法では解決できませんが、その他の借金を大幅に減らすことで住宅ローンの返済を問題なくできるようになるような場合にはこの制度を利用することでマイホームを失わずに借金問題を解決できます。
個人再生は裁判所を通す手続きですが、弁護士が代理人として出頭してくれるので、基本的には裁判に出頭する必要はありません。弁護士の腕によって結果が左右されるので、報酬の安さで選ぶのではなく、債務整理に強い弁護士に依頼しましょう。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

債務整理【個人再生】ってなに?-他の方法と徹底比較関連ページ