債務整理中は機種変更ができないってホント?!

債務整理中は機種変更ができないってホント?!

債務整理中は機種変更ができないってホント?!

債務整理をすると携帯の機種変更ができないという噂が流れています。これは正確に言うとデマなのですが、あながち全てがデマというわけでもありません。以下で解説してみます。
債務整理をすると、一定期間個人信用情報にブラック情報が載ってしまうというデメリットがあります。任意整理の場合は、和解が成立してから5年間、個人再生と自己破産の場合は、認可決定もしくは免責決定した時点から、CICとJICCでは5年間、全国銀行個人信用情報センターでは10年間記録が残ります。この間は個人信用情報にブラック情報が残っているので、金融機関の審査には原則として通りません。もちろん、債務整理をした人にお金を貸してはいけないという法律はないので、100%無理というわけでもありませんが、ブラックな人にお金を貸す金融機関はほとんど存在しないのが現実です。
ところで、個人信用情報というのは、重大な個人情報が載っているので、当然だれにでも見られるわけではありません。個人信用情報機関に加盟している金融機関にしか見ることができませんし、金融機関も自由に閲覧できるというわけでもなく、お金を払って、さらに本人の同意を得た上で閲覧しています。携帯の新規契約や機種変更の時にはこの個人信用情報は見られませんので、ブラック情報がある人でも新規契約や機種変更は問題なく行うことができます。
ところが、最近のスマートフォーンは高額ですので、分割払いで購入する人が多いと思います。この携帯本体の分割払いは、一種のローンですので、審査の時に個人信用情報が閲覧されます。「実質ゼロ円」の携帯であっても、通話料金などが後でキャッシュバックされるだけであり、ローンの契約自体は行なっているので、やはりブラック情報があると審査に通らないことがあります。しかし、前述したように、債務整理をした人がローンを組んではいけないという法律はないので、実際には携帯会社の判断で審査に通ることも稀にあるようです。審査の基準は公開されておらず、同じ会社でも申し込みをした時期や担当者によって審査結果が変わるので一概には言えませんが、通常のカードローンの審査に比べると携帯の審査は甘い傾向があるようです。
結論としては、携帯の機種変更をすること自体は債務整理をしていても問題なく行なえます。ただし、携帯本体の分割払いの審査には通らない可能性が高くなりますので、携帯を分割払いで購入することは難しくなります。一括払いで購入するのであれば、全く問題はありません。お金がない人は、通販などでは古い携帯が1万円以下で買えたりするので、そういったサービスを利用してみるといいでしょう。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

債務整理中は機種変更ができないってホント?!関連ページ