債務整理後に起業するにはどうすればいいの?

債務整理後に起業するにはどうすればいいの?

債務整理後に起業するにはどうすればいいの?

債務整理を行えば、借金の返済負担を軽減出来るメリットがあります。選択する手続き方法によって減額出来る金額は異なりますが、借金の返済に苦しむ債務者にとっては非常に有り難い制度です。ただしメリットと同様にデメリットも存在しますので、手続き開始前には十分検討することが必要です。
債務整理には任意整理・個人再生・自己破産の3通りの手続き方法があります。任意整理はそれほど借金の減額効果は大きくありませんが、裁判所を通さずに債権者と直に交渉することが出来ますので、最も利用する方が多い手続き方法です。個人再生は家庭裁判所を通じて手続きを行い、認可されれば債務を5分の1程度に減額することが出来ます。自己破産も個人再生と同様に、家庭裁判所を通じて手続きを行えば、全ての債務を免除してもらうことが可能です。
このように手続きを行うことによって債務の返済負担を抑えることが出来ますが、それによって起こり得るデメリットも認識しておくことが重要です。まず全ての手続きに共通していることが、信用情報機関の信用情報に事故情報が記録されてしまうことです。手続き方法や信用情報機関によって情報が記録される期間は異なりますが、概ね5年から10年間程度は事故情報が残ります。この事故情報が残されている間は、新規の融資を受けたり、新たにクレジットカードを作成したりすることが出来なくなります。また自己破産の場合は、一定額以上の財産を手放す必要性があったり、手続き中は資格制限によって弁護士や警備員、税理士、保険募集人などの職に就くことが出来ません。
ただし債務整理を行ったことが住民票や戸籍に記載されたり、あるいは就職に影響したり、旅行に行けなくなる等のことは一切ありません。また中には債務整理後に起業をしたい人もいると思いますが、それも可能です。ただし起業をするにあたっては全く影響が無い訳ではありません。起業をするとなるとお金が必要となりますので、銀行などから融資を受ける必要性が出て来ます。しかしその際に代表者の信用情報を調べられますので、事故情報が記録されていれば融資を受けることが出来なくなります。その場合は、事故情報が削除されるまで起業することを待つのか、あるいは自己資金で起業することなどを検討することが必要となります。
普通に日常生活を送る上では何ら支障がありませんが、場合によっては債務整理の影響を受けてしまう恐れもあります。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

債務整理後に起業するにはどうすればいいの?関連ページ