債務整理をすると携帯電話って使えなくなるの?-基礎ガイド

債務整理をすると携帯電話って使えなくなるの?-基礎ガイド

債務整理をすると携帯電話って使えなくなるの?-基礎ガイド

携帯電話は最早現代の生活において必須と言っても過言では無くなってきました、
もともとは固定電話が担っていた連絡先としての役割も代替できるようになり、メールによる連絡やインターネット上のサービスの利用などにおいて情報として開示が求められることも少なくありません。
ですが専用回線などを利用しなくてはならないわけですから持つにはそれぞれのキャリアと呼ばれる会社と契約をすることが必要になるでしょう。
しかしながら債務整理を行った後の携帯電話の契約ということになると少々注意が必要なケースがあります。
そのケースとなるのが「携帯電話を新たに購入する」ということです。
現在こうしたキャリアと契約をする際には端末自体も併せて購入することが求められることが多いのですが、最新の端末などになるとかなり高額です。
中には10万円近い価格が設定されているようなモデルもありますので、そうしたものを購入する際には分割払いが基本となるでしょう。
ですが債務整理を行ったことがあるというようであれば、この分割購入自体がかなり難しくなるのです。
と言うのも分割購入はそのキャリアが立て替えをするものではなく、キャリアと提携している信販会社などが立て替えをすることになります。
信販会社にとっての利益はその分割購入にあたって請求される利息なわけですから、万が一にも途中で支払えなくなるなどのことがあっては困るのです。
そのため分割購入の際には審査を行って分割購入をしても問題ないかどうかをチェックするのですが、ここで過去に債務整理があったと明らかになったのであれば、審査にかなりの悪影響を与えることになるのです。
もう何年も前の任意整理などであればまだ審査を通過できる可能性は残りますが、例えば「半年前に自己破産をしました」などのことになってしまったのでは審査通過の可能性は極めて低くなってしまいます。
こうした情報に関しては一見すると自分から伝えなければ問題ないのではとも思えますが、債務整理の情報は個人信用情報に必ず記録されています。
そして一度記録された後は5年近く、自己破産の場合は7~10年ほど残り続けることになりますから、一度行うとその後暫く端末の分割購入が出来なくなる可能性があるということになるのです。
こうした状態の解決策としては一括購入か、自分が既に使用している端末を使いつづけることが必要になります。
あとは家族の名義で購入するなどの手もありますが、携帯電話端末の分割購入に対して債務整理は影響を及ぼすのだとして考えておくようにしてください。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

債務整理をすると携帯電話って使えなくなるの?-基礎ガイド関連ページ