債務整理の計算方法を解説|シミュレーションツールの使い方

債務整理の計算方法を解説|シミュレーションツールの使い方

債務整理の計算方法を解説|シミュレーションツールの使い方

債務整理はそれぞれの方法により、借金の減額効果が変わってきます。
大きく借金を減らせる方法ほどデメリットも大きいため、状況に応じて使い分ける必要があるでしょう。

自己破産は債務整理の中で最も借金を減らせる方法です。
どんなに高額な借金もゼロになるため、返済の義務がなくなります。
自己破産といえば多額の債務を抱えて方が行いそうなイメージですが、実際にはそうとは限りません。
キャッシングやカードローンなどの小口ローンを整理するときに破産を選ぶ方もいるのです。
病気や怪我などで長期間収入を得られない状態では、借金をゼロにしなければ整理できません。
個人再生や任意整理は借金を減らすことができますが、ゼロにはできないのです。
そのため、借金の大小に関係なく返済能力のない方も自己破産が必須となることが多いです。

個人再生は自己破産を避けたい方が選ぶことが多いです。
自己破産は万能に思えますが、家を手放さないといけません。
持ち家のある方にとって、これは非常に大きなリスクだと言えます。
特に高齢者の場合だと、賃貸物件を借りられないケースがあるので、個人再生を選んだほうがいい場合も多いです。
個人再生の借金減額の計算方法では、概ね借入残高の5分の1程度まで減額されます。
300万円の借金ならば60万円まで圧縮されるのです。
返済額がかなり減るため、キャッシングやカードローンなどは個人再生をすれば整理できることがほとんどです。
ただし、返済能力のない方は選ぶことができません。
減額後の借金返済の期限は3年間が基本なので、3年で返済できる能力がないと利用できません。
60万円の借金ですと、年間20万円を返済すれば3年間で完済できます。
ひと月に1万円の返済も無理という方は、個人再生では整理は難しいでしょう。

任意整理は利息をカットしてもらえる方法です。
他の債務整理と比べると借金はあまり減りませんが、利息が減るだけでもかなりの効果があります。
キャッシングやカードローンを無利息で借りられることをイメージすれば、返済がかなり楽になることがわかるでしょう。
任意整理を選ぶ方は、過払い金返還も併せて行っていくことが多いです。
過払い金の額が大きければ、任意整理を避けられる可能性もあります。
過払い金の計算方法は、グレーゾーン金利で借りた借金に対して、借入額と借入期間に応じた利息を算出して行います。
7~8年以上前から消費者金融を利用していれば、任意整理なしで借金を整理できることも多いです。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

債務整理の計算方法を解説|シミュレーションツールの使い方関連ページ