債務整理で過払い金が返ってくる?!知らずに損してませんか?

債務整理で過払い金が返ってくる?!知らずに損してませんか?

債務整理で過払い金が返ってくる?!知らずに損してませんか?

借金の法的整理である債務整理を弁護士または司法書士に依頼したときに、過払い金が判明することがあります。これは借金をした時期にもよるものですが、かつてのグレーゾーン金利のときに借りていた場合も含めて、計算をし直すことになりますからそのときに見つかることが多いものです。
もし、債務整理を依頼したときに過払い金が判明した場合は、その過払い金がいくらだったのかによって対応が分かれます。もし、その過払い金が相応に金額が高く、借金の債務整理を行うまでもなく全額返済が可能になると見込まれる場合や、全額とまでは言えないものの、かなりの額が返済が可能になる場合は、あえて債務整理を行わないと言う選択肢もとることが可能になり得ます。
ただ、こうした計算のし直しは素人には一般的には無理です。専門家に依頼する段階で、昔から借りていた等の的確な情報を伝え、払いすぎたかも知れないといった相談をしてみることが非常に大切になってきます。もし、払いすぎていた金利が戻ってきそうな場合は、その金額を計算の上で、それでも債務整理を行うかどうかの相談及び判断を行う流れとなります。
過払い金請求ではいわゆるブラックリストには載りません。信用情報会社への登録がなされないわけです。ただ、この請求を行うのと同時に借金を法的に整理しようという場合には、当然ながら掲載されてしまいます。そのため、依頼した専門家との間でよく調整の上で、どう対応を行うべきかを考える必要性が生じてくるでしょう。
なお、この払いすぎた部分の返還を受けても、まだ借金の金額が大きく、とても返済が仕切れない場合には金利の返還部分も含めて考えなければならず、借金の整理をどう行うかを考えていくことになっていきます。民事再生を行う場合には、この返還された部分を持ってまずは最初の支払に充てたりあるいは士業の専門家への報酬、依頼料に充てるといった対応も可能です。そこは依頼先との間でよく相談して対応すればよいものです。
今後、借金の返済をどう処理をするのか判断に迷っている人は、なるべく早めに士業の専門家への相談を行うことが求められるでしょう。悩んでいる間も日割りで利息は増え続けています。悩んでいる時間がもったいないということですから、早めの相談が必須というわけです。士業の人が引き受けた場合には、受任通知を発送します。その通知を受け取ったらそれ以上金利の計算は一旦停止されるため、依頼者にとってメリットは大きいものです。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

債務整理で過払い金が返ってくる?!知らずに損してませんか?関連ページ