債務整理の条件|シミュレーションで簡単診断!

債務整理の条件|シミュレーションで簡単診断!

債務整理の条件|シミュレーションで簡単診断!

借金が払えなくなったときに何らかの対策を講じるのを、総称して債務整理と呼んでいます。債務整理にはいろいろな方法があり、債務者のさまざまな条件によっておすすめの手続きが異なってきますので、弁護士や司法書士といった法律の専門家に相談してから方針を決めたほうが安心です。
例えば、自己破産をするときの条件は、財産を持っていないこと、過去7年以内に破産をしたことがないこと、名義を偽ったり、払えないのに借り入れをするなどの悪質な利用をしていないことなどです。また、個人再生をするときの条件は、安定した給与などの収入があること、借金の額が一定の範囲内であることなどです。これらの債務整理はいずれも裁判所を通した手続きとなっており、借金の全部又は一部の支払いが免除されますので、条件も自ずと厳しくなっています。書式などは裁判所に行けば入手できますが、必ず申し立てると免除してもらえるというものでもありませんので、専門家に書類作成を依頼するのも良いでしょう。
法的手続きではなく、業者に直接交渉することによって支払いを分割にしてもらうのを任意整理といいます。こちらは債務者が金融業者などに毎月支払える額を伝え、その額を返済していくという契約のやり直しになり、新たな借入はできなくなりますが、基本的には無利息で返済ができるようになります。どの方法がよいかは人によって異なりますので、詳しく説明を聞いてから判断しましょう。

自力では解決できないほどの債務を抱えてしまった際、それをリセットして新しい生活を始めるために利用される制度が「債務整理」です。
それでは、債務整理を行うための条件にはどういったものがあるのでしょうか。
まず最初に覚えておいてほしいことなのですが、債務整理にはいくつかの手段があり、それぞれの手段によって条件は異なります。
方法としては「任意整理」と「特定調停」、「個人再生」、「自己破産」の四種類があります。
ではそれぞれの条件にはどういったものがあるのかと言うと、まず全ての方法で基本となるのが「当初の借入条件だと返済が不可能になっている」ということが必要になりますので、「明らかに返済ができる」と判断される状況だと債務整理を行うことはできません。
まず最初に「任意整理」と「特定調停」ですが、これについては特別に必要な条件はありません。
ただ明らかに返済が可能なのであれば交渉が合意に至るわけがありませんから、返済不能になっていることは最低限必要になります。
次に個人再生ですが、これはまず「債務総額が5000万円以下であること」と「継続した収入が見込めること」の二つが必要です。
個人再生では申し立て後、返済計画を変更して返済をしていくこととなりますから、今後の収入が無くては認められないのです。
最後に「自己破産」ですが、これは「債務の原因が浪費ではないこと」と「過去7年間に自己破産をしていないこと」が必要となります。
債務整理を行う際にはこうした条件を満たす必要がありますから、自身の状況をしっかり整理しておくようにしましょう。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

債務整理の条件|シミュレーションで簡単診断!関連ページ