【債務整理】借金に時効があるって本当?専門家にききました

【債務整理】借金に時効があるって本当?専門家にききました

【債務整理】借金に時効があるって本当?専門家にききました

債務整理の対象となる債務は債権者が債務者に対して返済をしてもらう権利ということになります。
この権利がある以上は債務者が債権者から返済を請求された場合には返済をしていかなくてはならないということになるのですが、しかし現在認められている権利の多くには時効が定められているのです。
時効、つまり時間経過によって権利が消滅することはさまざまな権利に対して定められており、法律上定められた時間が経過した権利についてはもう今後行使することが出来なくなります。
これは当然債務に対しても同様のことが定められており、例えば「100年前に先祖が貸した借金を返してほしい」といきなり言っても通ることがありません。
もし永遠に権利の行使が認められてしまえばさまざまなトラブルが生じることは間違いありませんから、そうした事態を防ぐために設けられているものだと見て良いでしょう。
さて、とは言っても「債務整理ではなく時効を待つことはできないのか」と考えることはかなり難しいと言って間違いありません。
ではどうして難しいのかというと、これは当然「権利消失を黙って見ている債権者は早々いないから」ということになります。
現代の法律において債務の時効は会社と個人間もしくは会社同士の場合は5年間、個人同士の場合は10年間とされています。
もちろんそれが個人間の貸し借りであれば、権利が行使されないまま消滅するということがないわけでもありません。
特に故人が口約束で貸した借金の請求ができることを誰も知らず、そのまま10年という月日が流れたということもあるでしょう。
しかし会社が個人に対してお金を貸すというのであればただ何もせず忘れられることはほぼあり得ません。
多くの場合は毎月となりますが、定期的に請求が行われることになるでしょう。
そして債務の事項において問題になるのが「権利の行使がされた場合は中断する」ということです。
この権利の行使としては返済を受け取ることはもちろんとして、裁判所を通じて訴訟・督促を行うことも該当します。
そのため万が一時効を迎えそうな債務があったのであれば、金融会社などは裁判所に申し立てをして訴訟・督促を行うことになるのです。
こう言った事情があることを考えると、債務問題を抱えたから時間の流れを待つということはほぼ不可能であると言えます。
放置していると遅延損害金などが請求されていくことにもなりかねませんので、債務問題が深刻化しつつあるのであれば早期に債務整理を考えた方が良いでしょう。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

【債務整理】借金に時効があるって本当?専門家にききました関連ページ