一部だけ債務整理することはできる?借金問題まとめ

一部だけ債務整理することはできる?借金問題まとめ

一部だけ債務整理することはできる?借金問題まとめ

お金を借りた場合は当然返さなければいけませんが、返済負担が大きくなり過ぎた場合は、債務整理によって負担を軽減させることが出来ます。債務整理には任意整理や個人再生、自己破産などの手続き方法がありますので、借入残高の大きさや資力などを勘案して、手続き方法を選択することが重要となります。
それぞれに手続きの内容が異なりますので、メリットとデメリットも充分に把握しておくことが大切です。単に借金を大幅に減らせたり、免除出来たからといって喜んでいるだけではいけません。減額効果が大きければ、相応のデメリットも存在します。
もし借金の一部だけを手続きの対象としたい場合には、任意整理を選択することが必要となります。任意整理とは裁判所を通さずに債権者と直接交渉を行う手続き方法のことですので、手続きの対象を債務者が自由に選択することが出来ます。ですので、弁護士費用なども債権者1件あたりいくらと言った報酬体系となっています。一方、個人再生や自己破産は全ての債務を手続きの対象としなければいけません。個人再生は住宅ローンのみは住宅資金特別条項によって、特別の除外して手続きを行うことが可能ですが、その他の債務は全て含めて手続きを行います。全ての債務とは銀行や消費者金融からの融資の他にも、親族や友人から借りたお金も含まれますので、信頼関係を崩したくないからといって親族や友人からの借金だけを手続きの対象外とすることは出来ません。もし親族や友人からの借金など特定の債務を債務整理の対象としたくなければ、手続き対象を自由に選択出来る任意整理を選ぶ必要があります。ただし任意整理は債務の減額効果が少ないですので、返済負担を軽減出来るといった点としては、それほどメリットがありません。債務の返済負担を出来るだけ大きく減少させるか、あるいは親族や友人との信頼関係を優先させるか、非常に難しい選択を迫られます。
このように個人再生や自己破産の場合は、債務の一部だけ手続き対象としたり、逆に手続き対象から除外したりすることが出来ませんので、どうしても親族や友人に迷惑を掛けたくなければ、他のところからお金を借りて返済してしまうことも検討することが必要です。ただし債務整理を行うといった状況からして、どこかからお金を借りられると言うことは現実的には難しいです。家族など余程親身になってサポートしてくれる人で無いと、お金を貸してもらえる可能性は少ないです。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

一部だけ債務整理することはできる?借金問題まとめ関連ページ