債務整理と一本化|借金問題解決の賢い選択はどっちなのか

債務整理と一本化|借金問題解決の賢い選択はどっちなのか

債務整理と一本化|借金問題解決の賢い選択はどっちなのか

任意整理などの債務整理とおまとめローンへの一本化はよく比べられます。ここでは、両方のメリットとデメリットを解説し、どちらがお得なのかを考えてみたいと思います。
債務整理には、任意整理、個人再生、自己破産などがあります。このうち最も簡単な手続きであり、おまとめローンとよく比較されるのが任意整理です。任意整理では、弁護士が金融機関との間に入って交渉し、借金の利息を減額もしくはゼロにすることができ、さらに返済期間を調整して無理なく返済できるようにしてもらえます。個人再生では、利息だけでなく元本までも大幅に減らせて、自己破産ではすべての借金をゼロにすることができます。任意整理では高い確率で利息をゼロにしてもらえますが、別で弁護士費用がかかるので、場合によってはおまとめローンのほうが得をする場合もあります。しかし一般的には利息をゼロにできる任意整理のほうが負担が減るといわれています。
債務整理は強力な効力を持ちますが、その分大きなデメリットを被る事があります。任意整理の場合には、およそ5年間ブラックリストに載ることになるので、クレジットカードやローンなど金融機関の審査に通らなくなります。地方に住んでいて車がないと生活できないような人は、自動車ローンが組めないことで生活に大きな支障が出ることもあります。さらに、若い人などは住宅ローンや自動車ローンが組めなくなることで、人生プランが大きく狂うこともあるでしょう。個人再生と自己破産の場合には、ブラックリストに載る期間は5年~10年間と長くなります。さらに、個人再生と自己破産では官報に個人情報が載ってしまうというデメリットもあります。
個人信用情報にブラック情報が載っても、5年~10年が経過すればその情報は消えるので、審査には影響しなくなります。しかし、人によっては借金を踏み倒したという後ろめたさや後悔が残ることもあるでしょう。おまとめローンに一本化することのメリットは、金利が低下して借金の負担を減らせるだけでなく、契約をきちんと守った上で借金問題が解決できることにあります。おまとめローンはなんら契約に違反することはないので、後ろめたさを感じることはありません。おまとめローンで解決できるなら、債務整理ではなくこちらの方法をとるべきです。
しかし、おまとめローンのデメリットとして、限度額が上がるために審査が厳しくなるということがあります。すでに延滞をしてしまっている人や、返済困難な状態にある人では、審査に通ることが難しくなります。普段からクレジットカードやローンの支払いではきちんと期日を守って支払うように気をつけておきましょう。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

債務整理と一本化|借金問題解決の賢い選択はどっちなのか関連ページ