債務整理|一括返済した方がいいVSしないほうがいい

債務整理|一括返済した方がいいVSしないほうがいい

債務整理|一括返済した方がいいVSしないほうがいい

債務整理は事前に計画を立てて行っていく必要がありますが、その計画を立てていく中で時折話題になってくるのが「一括返済」です。
読んで字のごとく一括で返済をする、残債を債務整理の際に全て返済してしまうというのがこの方法になりますが、実際のところ「返済できないから債務整理をする」という前提を考えてみれば、こうした選択自体があり得ないようにも見えるでしょう。
ですがしかし、状況によってはこの一括返済のメリットは非常に大きくなることもあるのです。
ではそのメリットは何かというと、特にこれが大きくなるのが任意整理の際です。
任意整理では債権者と債務者が交渉を行うことになりますが、一般的なケースでは今後の利息をカットしたうえで返済計画を立て直すことになります。
例えば今後三年間で完済を目指すというような形にするのであれば残債を36回分割で支払うということになるでしょう。
さて、しかしここでポイントになるのが通常の返済との違いである「元本の返済だけを行う」という部分です。
これから三年後に関西をする場合であれば債権者は36ヶ月待ってようやく、元本だけが返ってくることになります。
通常であれば利息が付くことで利益が出るのですが、元本だけの返済ではその利益も出ないことになります。
利益は出ない、しかし36ヶ月待たなくては損をしてしまうことが確定している、そういった状況で債務者が元本を減らしての一括返済を申し出たのであればどうでしょうか。
もちろん判断は業者によって異なりますが、かなりの業者は「リスクを減らせるのであれば」ということで、多少不利な条件を呑むことになっても受け入れることになるでしょう。
そして貸金業者にとって何よりも大きいのが、任意整理を始めているということは既に返済が困難になっているということの証明にもなります。
もしここで一括返済を呑まなかったのであれば、今後個人再生や自己破産といった手段を取られるのではというリスクを、債権者は絶対に考える必要があります。
「返済してもらえる金額が元本の8~9割になる」ことと「今後一切返済してもらえなくなる可能性がある」ということであれば、前者を選ぶ可能性は決して小さくありません。
もちろん一括で返済できる規模の残債ではないのであれば一括返済を提案することなどできるはずがありませんが、もし可能なのであれば債務整理の方法の一つとして検討する価値があると言えるでしょう。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

債務整理|一括返済した方がいいVSしないほうがいい関連ページ