債務整理後は住宅ローンの審査が通らなくなる?※手続きの前に必読

債務整理後は住宅ローンの審査が通らなくなる?※手続きの前に必読

債務整理後は住宅ローンの審査が通らなくなる?※手続きの前に必読

債務整理は借金の返済が出来なくなってしまった人を救う最良の手段であると言えます。

 

しかし、ただ負担額だけを減らせるわけではありません。
債務整理するためにはそれなりの代償を払う必要があります。

 

例えば、
債務整理をすると住宅ローンやクレジットカードの審査が通らなくなる
ということは知っていますか?

 

債務整理について詳しく知らないまま手続きをすると、あとで痛い目にあうかもしれません。
手続きに踏み込む前に、その後の生活のことについてはきちんと知っておいた方が良いでしょう。

 

債務整理の方法は一つだけではありません!

どの債務整理が最適であるかは状況によって異なります。

 

無料診断ツールを使えば、今すぐあなたに合った債務整理を見つけることが出来ます!

債務整理シュミレーター
⇒匿名で無料診断してみる

 

※完全匿名なので実名・住所は一切必要なし!
24時間いつでもご利用可能です♪

 

債務整理後は住宅ローンの審査が通らなくなる?

債務整理後は、住宅ローンやクレジットカードなどの審査がまず通らないと考えていいでしょう。

 

なぜなら、債務整理の手続きをしたという情報が信用情報に掲載されてしまうからです。
いわゆる、ブラックリストとされるものです。

 

信用情報に載るとどうなるの?

金融業者は審査をする際に、まず記録を見て信用情報に掲載されていないか確認します。
もしそこで債務整理の記録が残っていた場合は、その時点で信用が無いと判断されます。

そのため、掲載されている期間中は新たに借り入れの申込みをしても審査に通らない可能性が非常に高くなると言えます。

 

信用情報に掲載される期間

一般公開されているわけではないので一概にはいえませんが、平均すると約5年~7年くらいは記録が残るようです。

  • 自己破産は約10年
  • 任意整理は約5年

は信用情報機関に情報が残ると考えておきましょう!

 

期間が過ぎるまで待つのも一つの手

住宅ローンを組むということは、家を購入するということになりますが、マイホームは大きな買い物です。
急いですぐに購入するのではなく、信用情報機関に登録される期間を過ぎるのを待つのも一つの方法です。
その期間が過ぎる頃には、申込める住宅ローンの幅も広がるのではないでしょうか。

ただ、信用情報が残る期間はあくまで目安です。
人によっては平均より早くローンを組めた方もいますし、逆に10年経っても審査が通らなかったという方もいます。

 

迷ったら専門家にまず相談!

「弁護士法人RESTA法律事務所」は、全国規模で展開していて非常に実績豊富な法律事務所です。

 

そのため相談者の悩みも知り尽くしています!

 

もしかしたら、住宅ローンを組める方法で借金解決の糸口が見つかるかもしれませんよ。
借金問題で悩んだら、まずは無料相談を利用することから始めましょう!
無料相談は、24時間365日何度でも受け付けているので、自分が納得いくまで相談できます♪

 

弁護士法人サルート
⇒弁護士法人サルートに無料相談してみる

■相談の前に!
※下記のご質問はお受けできません。
  • 個人間の借金
  • 税金の相談
  • 差し押さえの相談
  • 本人以外からの相談
  • 他事務所にご相談中の方

 

その他におすすめする弁護士事務所はこちら!
樋口総合法律事務所
⇒樋口総合法律事務所に無料相談してみる
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

債務整理後は住宅ローンの審査が通らなくなる?※手続きの前に必読関連ページ