債務整理に必要な書類は?スムーズな手続のための基礎知識

債務整理に必要な書類は?スムーズな手続のための基礎知識

債務整理に必要な書類は?スムーズな手続のための基礎知識

自力での借金返済が困難になったときは、誰もが債務整理をすることを考えるようになります。債務整理には裁判所を通さずに行う方法として任意整理が、裁判所に申し立てて行う方法として個人再生や自己破産がありますが、どの方法をとったとしても自力ですべての手続きを行うには十分な知識が必要です。また、任意整理の場合だと債権者との交渉も直接行うことになるので、自力で行う場合には交渉力も必要となります。しかし、大半の債務者は、債務整理に関する知識も交渉力もほとんどなく、債権者より弱い立場です。債務者が債権者と対等に渡り合うためには、債務問題で実績のある弁護士に相談したり、代理人をお願いするのは非常に重要といえるでしょう。
弁護士に債務整理の相談をする際には、弁護士事務所で指定されている書類を持参する必要があります。必要書類は相談をしに行く弁護士事務所ごとに異なりますが、債務者自身の資産や負債の現状を示すための書類であれば、大半が必要書類に該当すると考えておいたほうが良いでしょう。
具体的にどのような書類が必要になるのかというと、まず債務者自身の身分を示すものとして、運転免許証やパスポート、健康保険証などといった公的機関発行の身分証明書が必要です。そして、債務の現状を把握するための書類として、金銭消費貸借契約書やクレジットカード、明細書をはじめとする借り入れと返済の状況がわかる書類、家計の収入と支出の状況がわかる書類などが必須となります。会社を退職済みであったり、近い時期に退職する予定がある人は、退職金の金額がわかる書類も必須です。
また、特定の財産に関しては、その財産を保有していることが確かだとわかる書類を用意しなければなりません。例えば、一戸建てや分譲マンションを購入して住んでいる人であれば、法務局から土地や建物に関する登記事項証明書を取り寄せる必要があり、保険に加入しているのであれば保険証書や解約返戻金がわかる書類の準備が必要となるでしょう。
弁護士事務所には必要書類はできる限り全て持参しなければなりませんが、持参する日までに用意できなかった書類があるからといって相談に応じてくれないわけではありません。必要書類は相談に応じる弁護士が現状を把握するために求めているものであり、足りない書類があったとしても相談者が現状を正確に説明できるのであれば問題はありません。ただし、相談の際に用意できなかった場合でも、裁判所に申し立てる段階になると必要になる場合があるので、既に取得手続きをすすめている書類があれば最後まで行って書類は取得しておくようにしましょう。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

債務整理に必要な書類は?スムーズな手続のための基礎知識関連ページ