【債務整理】比較でわかった費用の安い事務所はココ!

【債務整理】比較でわかった費用の安い事務所はココ!

【債務整理】比較でわかった費用の安い事務所はココ!

債務整理は、法律の力を借りて債務を整理して、債務者の生活を立て直す制度のことです。任意整理、民事再生、自己破産の3種類があります。いずれの手続きを選択するかは債務者の資産と収入次第です。以下、それぞれの債務整理の制度について比較しながら説明します。

まずは、任意整理です。任意整理は、返せなくなった借金を債権者との交渉によって減額して、将来にかけて弁済していく手続です。利息制限法の上限利息を超える利息部分(いわゆるグレーゾーン金利とよばれる部分)の減額が可能です。弁済期間は原則として3年程度。分割弁済が必要なので、定期収入がある人が対象になります。他の債務整理との違いは、裁判所が関与しない点です。債権者との私的な交渉により、減額する額や返済期間などを決定します。誰と交渉するかは、債務者が自由に決めることができます。他の債務整理のように、全債権者を相手にする必要が無いので、比較的利用しやすい手続です。ただし、債権者を交渉に拘束する力はないので、債権者が交渉に応じない場合は他の手続に依ることになります。

次に、民事再生です。民事再生も任意整理と同様に、返済できない借金を減額する手続です。裁判所の介入を要する点と、減額できる借金がグレーゾーン金利部分に限られない点で、任意整理と異なります。自己破産のように自宅を処分する必要はありません。民事再生は、住宅ローンを除いた借金が5000万円以下で、残債権を原則3年で返済可能な人が対象になります。

最後に、自己破産です。前の2つの債務整理との最大の違いは、借金が免除になる点です。破産手続開始決定後、裁判所の免責許可が下りると、借金を支払う必要がなくなります。自己破産に借金の多寡は関係ありません。支払不能状態であれば選択することができます。自己破産は借金を帳消しにすることができますが、それによる副作用も大きいので注意が必要です。たとえば、資産価値のある家や車、保険の解約返戻金などは手放さなければなりません。お金になる財産は、債権者の返済に回されるのです。また、免責許可が下されるまでの間、一定の職業(警備員や保険外交員、弁護士など)に就くことができなくなります。さらに、いわゆるブラックリストに名前が載るので、自己破産後一定の間は、銀行や消費者金融でお金を借りたり、ローンを組むことができなくなります。もっとも、この点は任意整理や民事再生も同じです。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

【債務整理】比較でわかった費用の安い事務所はココ!関連ページ