債務整理と自己破産の違い|初めての方必見!

債務整理と自己破産の違い|初めての方必見!

債務整理と自己破産の違い|初めての方必見!

借金の解決方法として、債務整理を行うことが挙げられます。債務整理を行えば借金を減額出来たり、全ての借金をゼロにすることも可能です。債務の減額効果は選択する手続きによって異なりますので、借入残高や返済状況あるいは収入状況などを考慮して、最適な手続きを選択することが必要です。
債務整理に中でも最終手段と言える方法が、自己破産を行うことです。裁判所に申請して、裁判官や破産管財人に認可されれば、全ての債務が免除されます。債務が免除されると言うことは、即ち借金がゼロになって、今後一切返済する必要が無くなるということです。自己破産を行う場合の債務の額は人それぞれですが、何百万円や何千万円と言った借金が全て無くなるということは、債務者にとっては非常に大きなメリットです。
しかし当然ながらメリットだけでなくデメリットも受け入れる必要があります。債務整理の中でも最も多くの減額効果が有ると言うことは、その反面デメリットも他の手続き方法よりも大きくなってしまうことは否めません。
デメリットの一つとしてはブラックリストに載ってしまうことがあります。実際にはブラックリストと言う物は存在しないのですが、信用情報に事故情報が記録されることが、ブラックリストに載るということになります。事故情報が残っている間は、新規の融資を受けたり、クレジットカードを作ったりすることが出来なくなってしまいます。決して法律で禁止されている訳ではありませんが、事故情報が記録されていれば審査を通ることは不可能です。事故情報が残っている期間は信用情報機関によっても異なりますが、概ね5年から10年程度です。
もう一つのデメリットは、財産を手放す必要があると言うことです。自由財産として認められている99万円以下の現金や生活必需品あるいは給与など以外の財産は、換価されて債権者への配当に充てられます。しかし自由財産の拡張として、20万円以下の価値の財産については手元に残しておくことが可能です。
また解約返戻金の発生する生命保険金や退職金なども換価される財産に含まれますが、解約返戻金が20万円以下の場合は生命保険を解約する必要はありませんし、退職金の見込み額の8分の1が20万円以下の場合も換価対象とはなりません。もし、退職金が換価対象となった場合でも、会社を退職しなければいけない訳ではありません。20万円を超えた分を予納金にプラスして支払うことになります。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

債務整理と自己破産の違い|初めての方必見!関連ページ