債務整理後の住宅ローン審査、フラット35なら通る?※緊急

債務整理後の住宅ローン審査、フラット35なら通る?※緊急

債務整理後の住宅ローン審査、フラット35なら通る?※緊急

住宅ローン

債務整理手続きをした場合、
住宅ローンの審査に通るのは難しいと言わざるを得ません。

 

債務整理後しばらくは、住宅ローンだけでなく自動車ローンやクレジットカードなどのローンも利用できないと考えておいた方がいいでしょう。
住宅ローンや自動車ローン、クレジットカードなどを利用できるか

 

まずは無料シミュレーション!
3つの質問に答えるだけで、毎月の返済額を算出できます。

無料・匿名で診断できるのでオススメ!

債務整理シュミレーター
⇒匿名で無料診断してみる

 

債務整理後でも住宅ローン審査は通るの?

フラット35とは?

フラット35とは、民間の金融機関住宅金融支援機構が共同で提供している、
長期固定金利の住宅ローンのことをいいます。

この長期固定金利住宅ローンは、

  • 資金の受取り時に返済終了までの借入金利
  • 返済額が確定する住宅ローン

なので、長期にわたるライフプランを立てやすい住宅ローンとなります。

 

では、この便利な住宅ローンであるフラット35は、債務整理後でも審査は通るのでしょうか?

 

住宅ローン審査とブラックリストの関係

債務整理をするうえで避けて通れないのがブラックリストです。

ブラックリストとは正しくは信用情報機関の事故情報のことで、主に返済が滞ってしまった場合や任意整理、自己破産等の債務整理を行った場合に登録されます。

この情報は住宅ローンを組む際に必ず参照され、事故情報に登録されている人の場合は社会的な信用がない人物とみなされます。
その結果、審査に落とされる可能性が格段に跳ね上がってしまいます。

 

なぜ住宅ローンの審査に落ちるの?

事故情報に登録される理由にはいくつか種類がありますが、債務整理はそれらの理由の中でもそこそこ重篤な情報です。
債務整理が理由でブラックリスト入りしている方だと、住宅ローン審査に合格することは難しいと言わざるを得ないでしょう。

延滞の場合だと審査は通る?

逆にもっとも軽いものが延滞です。
主に貸金業者などから借り入れしたお金を3か月以上遅滞してしまった場合も自己情報に登録されますが、
この場合であれば、住宅ローンの審査に問題なく通ることもままあります。

 

債務整理後でも住宅ローンを組む方法

債務整理をしたからといって住宅ローンが組めなくなるかというとまた別問題です。
なぜなら、ブラックリストのデータはある程度の期間が経てば消去されるからです。
信用情報機関は現在日本に数種類あり、それぞれ抹消されるまでの期間が異なりますが、債務整理の場合であればどの信用情報機関であっても5年~10年で消去されます。

債務整理後は基本的に資金が乏しいので、5年~10年程度の間は資金をためる期間だと思って、ブラックリストから登録が消去された後に住宅ローンを組むのがおすすめです。


必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

債務整理後の住宅ローン審査、フラット35なら通る?※緊急関連ページ