債務整理は借金をどれくらい減額できる?※口コミあり

債務整理は借金をどれくらい減額できる?※口コミあり

債務整理は借金をどれくらい減額できる?※口コミあり

借金の返済負担が重くなって来た場合には、債務整理を検討することも必要となります。債務整理には、任意整理・個人再生・自己破産の3つの手続き方法があり、それぞれの手続き方法によって債務の減額効果が異なります。その為、借金の額や収入状況などを勘案して、最適な手続き方法を選択することが必要となります。
任意整理は裁判所を通さずに手続きが行えますので、最も手軽に行える手続き方法と言えます。債権者と任意で直接交渉を行って、返済額や返済方法などを決めます。ただし、任意整理は基本的に借金の元本を返済することが前提になりますので、それほど大きな減額効果を期待することは出来ません。
個人再生は裁判所を通じて手続きを行い、裁判所から認可されれば債務を大幅に減らすことが出来ます。どれだけ債務を減らすことが出来るかと言うことは、債務の残高によって異なります。債務が100万円未満の場合は減額効果がありませんので、個人再生を選択する意味がありません。債務が100万円以上500万円以下の場合は100万円まで減らすことが出来ます。債務が500万円から1,500万円の場合は5分の1に圧縮することが出来ます。1,500万円から3,000万円の場合は300万円まで減らすことが可能です。債務が3,000万円から5,000万円の場合は10分の1にすることが出来ます。このように、個人再生の場合は債務の金額が大きくなるほど、減額効果も大きくなります。ただし、個人再生の場合は、手元に残しておく財産の価値以上の金額を最低限弁済しなければいけません。強制的に財産を没収される心配はありませんが、もし多くの財産を手元に残しておく場合は、弁済額も増えることになります。
自己破産の場合は、個人再生と同様に裁判所を通じて手続きを行い、認可されることによって全ての債務が免除されます。個人再生の場合は、住宅ローンを除いた債務が5,000万円未満であることが手続き利用の条件ですが、自己破産は債務がどれだけ高額でも手続きを利用することが出来ます。
このように債務整理の手続き方法によって、債務の減額効果は大きく異なります。ただしそれに伴うデメリットも存在しますので、メリットだけに目を向けて手続きを選択することには注意しなければいけません。デメリットとしては任意整理が最も小さいですが、自己破産の場合は、一定額以上の財産を処分する必要があるなど、大きなデメリットがあります。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

債務整理は借金をどれくらい減額できる?※口コミあり関連ページ