ギャンブルの借金も債務整理できますか?【疑問解決】

ギャンブルの借金も債務整理できますか?【疑問解決】

ギャンブルの借金も債務整理できますか?【疑問解決】

債務整理というと現段階で抱えている借金を整理して今後の生活を楽にしてくれるものというようなイメージが付いていますが、これはあくまでも「借金問題を抱えて困っている人」を救済するための制度です。
まだまだ返済が可能なのに債務整理をすると言っても認められない可能性が大きいでしょうし、その後の生活に関しても多少の制限が生じることになることは間違いありません。
さて、そしてここで少々気になってくるのが「自己責任とされるような借金はどうなのか」ということでしょう。
例えばギャンブルを原因として借金を作ってしまう人は少なくないのですが、このために作ってしまった借金を整理することは出来るのでしょうか。
これについて結論を言ってしまえば「自己破産以外であれば十分可能である」ということになります。
と言ってもギャンブルが免責不許可事由として定められている自己破産の場合は制度利用が難しくなるのですが、それ以外の手段である任意整理や個人再生であれば十分対応可能です。
まず任意整理についてはそもそも性質として「債権者との直接交渉で返済プランを見直す」というものですから、債権者である貸金業者や銀行が納得すればどのような理由があったとしても返済条件見直しが可能になります。
そこで過払い金が発生していたのであれば、その時点で完済することも可能でしょう。
次いで個人再生は自己破産と同じく裁判所に申し立てをして制度の利用を開始する形になりますが、ここでは自己破産のように免責不許可事由が定められているわけではありません。
今後継続した収入を見込むことが出来ない事情があるのであれば個人再生利用は難しくなりますが、少なくとも「ギャンブルが原因の借金の返済が給与を超えてしまっている」などの状況であれば、制度利用による債務整理は可能となるでしょう。
とはいえどちらも債務整理としての効果が自己破産よりは弱いのは注意点として押さえておかなくてはなりません。
どちらの方法であったとしても自己破産のように債務の一切を帳消しにしてもらうということはできませんし、その後は再設定した条件に基づいて継続した返済をしていかなくてはなりません。
万が一手続きをした後で返済が出来ないということになってしまえば強制執行、いわゆる取り立てが行われることになったりするわけですから、ギャンブルを原因として債務整理をした後にはくれぐれも今後ギャンブルを控え、生活再建のために努力をするようにしてください。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

ギャンブルの借金も債務整理できますか?【疑問解決】関連ページ