債務整理で家族に影響は?内緒でできる?

債務整理で家族に影響は?内緒でできる?

債務整理で家族に影響は?内緒でできる?

借金の返済が困難な状況になった場合は、債務整理を検討することも必要となります。任意整理や個人再生あるいは自己破産などの手続きを行えば、債務額を減額出来たり、債務を全て免除出来たりしますので、自分だけではどうすることも出来なくなった場合は、出来るだけ早く弁護士や司法書士に相談することが大切です。
債務整理を行うにあたって、気掛かりなことが家族に影響が及ばないかと言うことです。結論から申し上げると、連帯保証人になっていない限り、直接的な影響はありません。もし連帯保証人になっていれば、債権者は主債務者から債権を回収出来ないとなると、連帯保証人に対して一括返済を請求して来ます。そうなれば、連帯保証人は主債務者に代わって債務を返済するか、自身も債務整理を行うなどの必要性が出て来てしまいます。しかし連帯保証人になっていなければ、主債務者に代わって家族に取立てが及ぶとか、返済の義務が移るなどの心配はありません。また戸籍や住民票に記載されることもありませんし、就職や結婚などに影響する心配もありません。
このように直接的な影響はありませんが、特に個人再生や自己破産を選択した場合は、家計を全て見直してやり繰りしていくことが必要となりますので、同居の家族に対しては家計が苦しくなるなど多少の影響を与えることにはなってしまいます。
また中には家族に知られずに債務整理を行いたいと思っている人もいますが、不可能ではありませんが現実的には難しいです。まず手続きを行ったことは、債権者や弁護士など一部の人たちしか知りません。個人再生や自己破産を行った場合は、官報に氏名が掲載されてしまいますが、殆どの人が目にする機会がありませんので、そこから知られてしまう可能性は極めて低いです。そうなると、黙ったまま手続きを行うことも出来そうですが、一緒に住んでいる限り知られてしまう可能性は高くなります。弁護士事務所から届いた郵便物を見て気付くケースもありますし、裁判所に提出する様々な必要書類を準備する中で気付かれる場合もあります。しかし何と言っても精神的に不安定になりますので、一緒に住んでいれば様子がおかしいとすぐに気付きます。
債務整理は金銭面だけでなく精神面でも、家族の協力なくして実行することは難しいです。その為、出来るだけ早い段階で、打ち明けることが大切です。その方が、家計への負担も小さくできますし、精神的な負担も軽減出来ます。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

債務整理で家族に影響は?内緒でできる?関連ページ