債務整理後もetcを利用したい!どうすればいいの?

債務整理後もetcを利用したい!どうすればいいの?

債務整理後もetcを利用したい!どうすればいいの?

債務整理のetcとして今注目されているのは、過払い金の問題でしょう。
過払い金とは借金ではなく、多く払いすぎた利息のことです。
通常の利息とは別に支払っているお金なので、全額返還を受ける権利があります。
過払い金請求は弁護士を通して行うのが一般的ですが、金融事故情報には該当しないので安心です。
住宅ローンや教育ローンの契約に影響しないので、安心して過払い金を回収しましょう。
過払い金請求はときに自己破産以上の借金減額効果を発揮してくれます。
自己破産の場合だと、借金がゼロになることはあっても、マイナスになって手元にお金が戻ることはないでしょう。
これに対して過払い金請求は、高額の過払い金が発生していれば借金がマイナスになることもありえます。
数百万円の借金がすべてゼロになり、さらに手元に百万円以上戻ってくることもあるのです。
過払い金には10年という時効がありますが、現契約中のローンならいつでも返還請求ができます。
完済して契約完了した場合は、10年で時効になるので注意が必要です。

債務整理のetcとして覚えておきたいのは、ブラックリストに関することです。
これは個人信用情報と呼ばれるデータであり、ブラックリストとは俗称です。
債務整理をしたり、数ヵ月にわたる遅延をしたりした場合に登録され、5年間は抹消されません。
5年間は事故情報として残るので、ローンやクレジットカードは一切利用できません。
新規契約はもちろん、増枠融資を受けることもできないのです。
ただし、返済義務は残るので今後も返済は続けていく必要があります。

WEB上にはブラックを消す裏技があると紹介されていますが、このような方法は存在しません。
故意に消せるような情報ならばまったく意味がないでしょう。
ブラック期間中は融資してくれる業者はないので、もしこのタイミングで融資を勧めてくる業者があったら怪しいと考えましょう。
ヤミ金などの悪徳業者は、官報や破産者名簿を見て、債務者の自宅に電話をかけてくるケースがあります。
通常、貸金業者が一方的に融資を勧めてくることはありません。
来店した際は勧められるケースもありますが、自宅に連絡をしてくる可能性はほぼ皆無です。
名前も聞いたことのない業者が電話やダイレクトメールで宣伝してきたら、100%ヤミ金だと考えて間違いないでしょう。
WEBサイトが存在しない業者から借りるのは非常に危険です。
怪しい業者を避ける最低限の条件として、WEBサイトを持っていること、固定電話と住所を記載していること、などをチェックしましょう。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

債務整理後もetcを利用したい!どうすればいいの?関連ページ