債務整理後に延滞するとどうなる?※失敗しないために

債務整理後に延滞するとどうなる?※失敗しないために

債務整理後に延滞するとどうなる?※失敗しないために

お金を金融機関で借りていて、返済の時に延滞してしまった場合はどうなるのでしょうか。その場合はまず、金融機関に相談して、返済の仕方を見直してもらうようにしましょう。返済方法が変わるだけでも、大分負担が軽くなることもあります。しかしそれでもやはり返済できない、そのような場合はやはり債務整理がお勧めです。とはいうもののブラックがつくため、躊躇する人もいるかもしれませんが、そのまま延滞を続けても、自動的に信用情報にブラックがつき、そのまま5年間登録されますし、金融機関から訴訟を起こされて、一括返済を命じられてしまいます。ですから、債務整理をした方が借金もなくなり、すっきりした気分でいられます。
債務整理には4種類の方法があります。任意整理、自己破産、特定調停、そして個人再生です。任意整理は債務を分割して、3年から5年で返済する方法、自己破産は裁判所に破産の申し立てを行って、債務を帳消しにしてもらう方法です。また特定調停というのは、任意整理に似ていますが、弁護士や司法書士に依頼せず、自分で裁判所に申し立てをして、債権者と調停委員会を通して交渉し、債権額を決めるものです。最後の個人再生は、住宅ローンなどを残したい場合の方法で、裁判所の認可が必要になります。これらの中で、自分の収入や生活スタイルに合ったものを選ぶようにしましょう。
債務整理を行った場合のブラック登録ですが、任意整理や特定調停、個人再生は5年間、自己破産は7年間が一応の目安になっています。また対象となった金融機関は、ブラックが登録されなくなっても、審査に通りにくくなりますので、これまで利用したことのない銀行や消費者金融を利用するのがいいでしょう。
それから自己破産をした場合ですが、官報に氏名が掲載されます。日常的に官報をチェックする人は限られますので、自分から言い出さない限り、他人に知られることはまずありませんが、闇金業者が官報を見ていて、融資の案内DMを送りつけてくることがあります。しかし闇金は違法業者で、高金利で融資を行い、かなり厳しい取り立てをしますので、絶対に利用してはいけません。もし利用してしまった時は、専門の弁護士または司法書士に相談してください。自己破産の直後などは、特にお金がないため、融資の誘いに乗ってしまいがちですが、これでまた延滞を繰り返したりすると、せっかく自己破産をした意味がなくなってしまいます。債務整理は自分の経済生活を再建する目的もあるので、その点を心しておくようにしましょう。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

債務整理後に延滞するとどうなる?※失敗しないために関連ページ