債務整理による影響はなにがある?~債務整理後の生活~

債務整理による影響はなにがある?~債務整理後の生活~

債務整理による影響はなにがある?~債務整理後の生活~

借金を返済できない、しかも返済方法を変えても難しい場合は、債務整理をお勧めします。債務整理には、任意整理や自己破産を始めいくつかの方法がありますので、その中から自分に合った方法を選びましょう。また、弁護士や司法書士に依頼する方法と、そうでない方法とがありますので、その点も考慮に入れてから選ぶようにしてください。弁護士や司法書士に依頼する場合は、必要書類をできるだけ早く提出して、手続きを進めてもらいます。一方で、特定調停のように自分で手続きをする場合は、まず裁判所に行って申し立てをし、調停委員会を通して、債権者と返済額の交渉を行います。
また債務整理というのは、要は借金を返済出来なかったわけですから、特にその人の経済生活において影響が出ます。まず、債務整理後は一定の期間ローンを組めなくなります。これは信用情報にブラックがつくためです。通常は任意整理や特定調停で5年間、自己破産で7年間といわれますが、銀行の場合は、自己破産の場合は10年間利用できません。自分の信用情報にブラックがついているかどうか確認したい時は、信用情報機関に問い合わせてみるのがお勧めです。この信用情報機関は、消費者金融系、クレジット系、そして銀行系の3種類がありますので、その中から選んで、情報を郵送してもらうなり、PCにダウンロードするなりして確認しましょう。
それから自己破産の場合は官報に名前が記載され、特定の職業の場合は、数か月停職となることもあります。企業に勤めている場合は、担当部署を異動させられることもありますが、よほどのことがない限り、まず他人に知られることはありません。ただ、官報に名前が記載されるので、闇金業者がDMを送りつけることもあります。闇金は一度利用すると面倒なことになりますので、絶対に利用しないようにしましょう。それから自己破産の場合の影響として、転居が出来なくなるとか、公民権をはく奪されるなどとよくいわれますが、そのようなことはありません。ただ少額管財の場合は、資産の評価などに時間がかかるため、その間に転居や長期旅行をする場合は、裁判所に届け出る必要があります。
その他の影響としては、債務整理の対象となった金融機関を利用する場合、審査に通るのが難しくなるということです。ですから、ブラックが登録されなくなって、ローンやクレジットカードの申し込みを行いたい時は、それまで利用したことのない金融機関を選ぶといいでしょう。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

債務整理による影響はなにがある?~債務整理後の生活~関連ページ