債務整理のデメリットって何がある?ホントのところが知りたい

債務整理のデメリットって何がある?ホントのところが知りたい

債務整理のデメリットって何がある?ホントのところが知りたい

債務整理をすれば信用情報に傷がつくなどのデメリットがあります。これらのデメリットは、過払い金の返還請求については当てはまらないと言うことは頭に入れておきましょう。なぜかというと、そもそもかが来金の返還請求は、借りたお金を返さなかったと言うこととは全く異なる意味を持つからです。本質的に滞納や踏み倒しとは異なります。
過払い金とは、文字通り、払いすぎたお金のことを指します。貸す側が法律の上限を超えて貸し付けていたために、支払ったこと自体が無効になります。つまり、本来は支払わなくても良いお金を渡していたことになりますから、自分の資産であるとも言えるでしょう。自分の資産を取り戻すことは当然のことで、悪いのは法律の上限を超えた利息を要求した方です。借りたものを返さないということとは、意味合いが全く異なります。
それにもかかわらず、過払い金の返還請求をするとブラックリストに載ると言われることが多いのは、多くの場合に債務整理を伴うからです。自己破産などの債務整理を行うときには、過払い金がないかどうかをチェックすることが多く、もしも過払い金があれば返還請求を行うのが一般的です。これが原因で混同されているのでしょう。
ですから、過払い金の返還請求だけでは、信用情報には影響がないという点に注意しておかなければなりません。ブラックリストに載るというのは、債務整理に伴うデメリットであって、過払い金の返還請求に伴うデメリットではないのです。

債務整理の一つとして任意整理があります。自己破産が最終手段だと言われるのに対して、任意整理はそれよりもデメリットの小さい債務整理の方法だと言われることもあります。その違いはどのようなものなのでしょうか。
最も大きな違いは法的な力を借りるのかどうかです。自己破産は法律によって定められた手続きですから、法的な力を借りた債務整理だと言えるでしょう。ですから、もしも申し立てを行って受理されたのなら、貸した側は嫌であろうが何であろうが、応じなければなりません。法律による手続きですから、拒否することは不可能です。
任意整理は法的な力を借りることはありません。貸した人と借りた人との間で相談して決めると考えれば分かりやすいでしょう。ですから、貸した側は応じなくても良いわけです。応じるかどうかはそれぞれで判断をすることになりますが、自己破産されるほうがデメリットは大きいと判断して応じるケースが多いようです。交渉を行うのは弁護士や司法書士ですが、それを見据えて交渉することが多いのです。
任意整理は、自己破産のように法律の力を借りませんから、その情報が官報に掲載されることもありませんし、交渉次第ではほかの財産を失わずに済むこともあります。ただ、多くの場合には将来利息をカットする代わりに、借金は返済していかなければならないということが多いですから、借金が帳消しになる自己破産と比較すれば、これはデメリットと考えられます。"

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

債務整理のデメリットって何がある?ホントのところが知りたい関連ページ