債務整理をしてもデビットカードは持てますか?【疑問解決】

債務整理をしてもデビットカードは持てますか?【疑問解決】

債務整理をしてもデビットカードは持てますか?【疑問解決】

借金が多すぎて返済ができない、という時に考える最後の手段が債務整理です。法律で定められている、債務の放棄や減額の方法です。自分一人で行うことも可能ですが、多くの法律が関係していて自分一人で行うことは時間や知識の面で難しいため、弁護士や司法書士に委任してお任せすることとなります。債務整理を行うには、現在持っているクレジットカードは利用できなくなると思った方が良いでしょう。クレジットカードは「後で利用代金を返済する」という信用があるからこそ利用できるものですが、債務整理を行うとクレジットカード会社や消費者金融が加盟する団体のリストに「返済できなかった」という事故情報として掲載されます。その結果、現在持っているクレジットカードで新規の利用はできなくなり、新たにクレジットカードを持つことも債務整理が完了してから10年程度は出来なくなると言われています。しかし、高額の買い物をしたり、社会人としてクレジットカードを持っていなくては…という場合もあります。そのような時には、デビットカードを利用するようにしましょう。デビットカードは主にネット銀行などで発行されているカードで、見た目はクレジットカードとほとんど変わりはありません。利用方法もクレジットカードとほとんど変わりはなく、利用したい店舗で利用できるクレジットカード会社と、持っているデビットカードに記載の会社が同じならば、カード払いを行うことができます。違う点は、クレジットカードが利用代金を翌月以降に指定の口座から引き落とされるのに対して、指定の口座から利用代金が瞬時に引き落とされる点です。口座の残高が利用したい金額よりも少ない場合にはカード自体が使えなくなるため、常に利用代金を引き落とす口座にはある程度の金額が入っていなければ、デビットカードを利用する際には不便です。しかし、クレジットカードのように「後で支払いをするから大丈夫」というような無計画なお金の使い方ができない点はメリットと言えるのではないでしょうか。
デメリットとしては、見た目は通常のクレジットカードのため、ゴールドカード、ブラックカードというようなデザインのものを持つことは出来ません。また携帯の料金や保険料など、毎月一定額以上の引き落としを継続的に行うというような利用方法は出来ないデビットカードがほとんどです。「利用したいその瞬間に、利用したい金額以上の残高が口座にあること」が利用する条件となります。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

債務整理をしてもデビットカードは持てますか?【疑問解決】関連ページ