債務整理のデメリット※クレジットカードやローンはどうなる?

債務整理のデメリット※クレジットカードやローンはどうなる?

債務整理のデメリット※クレジットカードやローンはどうなる?

 

債務整理とは?

債務整理とは、借金をした方が返済することが難しくなった場合に、行うことができるものです。
種類は、任意整理や過払い金返還請求、自己破産、個人再生の4種類があります。

 

自分に合った債務整理方法を見つけるのがポイント

まずは債務整理シミュレーターで診断!

債務整理シュミレーター
⇒匿名で無料診断してみる

 

債務整理方法の違い

それぞれの債務整理には特徴があります。

任意整理

任意整理とは金融業者と和解交渉をして、債務の減額などを行う方法で、裁判所を通さずに行うことができます。
個人でも行うことができますが、業者と利用者では、利用者の方が立場が弱いので、交渉がうまくいくことは少なく、大抵の場合は弁護士を介して進めるのが一般的となります。

 

過払い請求

その過程で、利息法に基づいて計算をした結果、利息を払いすぎているとなった場合には過払い金返還請求を行っていきます。ただし過払い金返還請求を行うと、今後その業者を利用することが出来なくなることがあります。

 

個人再生

そして個人再生とは、債務を全て免責にするのではなく、最大約5分の1程度を免責にする方法で、遺影や車などの財産を手放すこともありません。感覚としては任意整理と自己破産の中間的なものとなります。

 

自己破産

ではその自己破産とはどのようなものなのか見ていきましょう。自己破産とは債務を全て免責にする代わりに、自身が所有している家や車などの高級な財産を手放す方法です。

 

債務整理をすると発生するデメリットとは?

官報に載る

国が発行しているものです。債務整理を行うと、この官報に名前や住所が載ります。

 

しかし、債務整理を考え始めて初めて「官報」を知った人が多いように、官報自体を知っている一般人はかなり少なく、また官報を読んでいる人はとても少ないと言えます。

 

なので、そこまで心配する必要はないでしょう。

 

信用情報に載る

いわゆるブラックリストです。
これらの債務整理を行うと、信用情報機関に事故情報として登録がされますので、クレジットカードを作ったりローンを組んだりすることができなくなり、その登録機関は7年間から10年間は削除されることはありません。

 

債務整理のデメリットとメリットはどちらが大きい?

債務整理のメリット
  • 取立が止まる
  • 借金を減額できる
  • 全額リセットすることも可能

 

債務整理のデメリット
  • 官報に載る
  • 信用情報に載る

クレジットカードやローンが組めなくなる

 

まずは専門家に相談!

どちらが良いか?というのは人それぞれ状況にもよりますが

  • 借金が返せない
  • 利息ばかり増えていく
  • 取立に困っている

という方は、まずは弁護士に相談しましょう。

 

専門家に相談することで、自分では思いつかないような解決策を見つけることができるかもしれません。
無料相談を受け付けている事務所もあるので、まずは試しに利用してみましょう!

 

↓無料相談はこちら↓

借金お助け相談窓口
⇒借金お助け相談窓口に無料相談してみる

フリーダイヤル:0120-358-071

 

債務整理後の生活でデメリットを感じたことは?

債務整理をした人がよく言うのが、やはりクレジットカードです。

 

債務整理後、クレジットカードが作れない期間は?

ブラックリストというのは一般的に使われている言葉ですが、俗語であり正確には信用情報機関の事故情報のことです。

事故情報とは?
返済や債務整理など行った人が一定期間登録されているリストのことで、これに登録されてしまうと金融機関から借り入れを行う際やローンを組むときなどに信用情報機関を参照され、審査に落ちてしまう可能性が大変高まります。
事故情報に登録されている期間はどの債務整理の方法をとったかによって異なり、また信用情報機関は現在日本に数種類存在しますが、この種類によっても異なります。
日本信用情報機構(JICC)

例えばJICCと呼ばれる株式会社日本信用情報機構では債務整理で事故情報に登録された場合、発生日から5年間が経過するまで掲載されており、5年が経った時点で記録から抹消されます。
JICCでは自己破産や個人再生、任意整理などすべての債務整理で一律5年となっています。

株式会社CIC

株式会社CICの場合には自己破産が5年であり、個人再生と任意整理の場合には事故情報に登録されません。

全国銀行個人信用情報センター(KSC)

そして全国銀行個人信用情報センター(KSC)では自己破産と個人再生では10年もの間登録されてしまいます。

 

債務整理の無料相談先を選ぶポイント

債務を抱えてしまい、どうしても返済に困った場合は、弁護士に相談した方が絶対に良いでしょう。

法テラスに相談する
司法書士に相談する
弁護士に相談する

 

法テラスで債務整理するのは?

しかし法テラスでは、どうしても経済的に余裕がない人にはとても力強い味方になってくれます。たとえば、無料法律相談に応じてくれたり、弁護士や司法書士に依頼する費用の立て替えなども行ってくれます。
無料相談には、収入などの条件があり、当てはまらない場合は無料にはならないので、低所得者に優しい法テラスと言えます。

 

法テラスに依頼するデメリット

しかし、法テラスでは、どうしても予約で待ちが多いので、一刻も早く債務を解決したい人にはあまりおススメではないかもしれません。少しでも早くなんとかする必要がある人や、収入がある程度多い人には不向きの法テラスと言えるのです。

 

そのような場合は、無料相談も聞いてくれるような法律事務所に直接連絡した方が、安くて早い対応をしてくれることでしょう。

 

 

債務整理に困っている人は、弁護士に相談して、早めに債務から解放されることで、債務のない普通の生活を取り戻しましょう。

 

実績&経験豊富な弁護士事務所

借金お助け相談窓口

相談は何度でも無料
  • 初期費用¥0
  • 後払い・分割払い可能
  • 24時間365日受付
  • 全国対応◎
  • メール・電話相談可能
借金お助け相談窓口
⇒借金お助け相談窓口に無料相談してみる

フリーダイヤル:0120-358-071

 

その他の弁護士事務所・司法書士事務所

⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ

法テラスで債務整理するのは?

債務を抱えてしまい、どうしても返済に困った場合は、弁護士に相談した方が絶対に良いでしょう。 直接弁護士に相談する方法と、法テラスに相談する方法があります。しかし法テラスでは、どうしても経済的に余裕がない人にはとても力強い味方になってくれます。たとえば、無料法律相談に応じてくれたり、弁護士や司法書士に依頼する費用の立て替えなども行ってくれます。無料相談には、収入などの条件があり、当てはまらない場合は無料にはならないので、低所得者に優しい法テラスと言えます。 しかし、法テラスでは、どうしても予約で待ちが多いので、一刻も早く債務を解決したい人にはあまりおススメではないかもしれません。少しでも早くなんとかする必要がある人や、収入がある程度多い人には不向きの法テラスと言えるのです。そのような場合は、無料相談も聞いてくれるような法律事務所に直接連絡した方が、安くて早い対応をしてくれることでしょう。 ですから、債務整理には、直接弁護士に相談した方が、処理も早くて、確実に債務整理が出来るということです。ですから、債務整理に困っている人は、弁護士に相談して、早めに債務から解放されることで、債務のない普通の生活を取り戻しましょう。 殊に、消費者金融で受ける審査に幾度となくパスしなかったのになお、次から次へと別の金融会社に申し込みをしてしまったら、新たな審査に受かり難くなってしまうと思われるので、慎重にならなければいけません。 認知度の高い銀行系列の消費者金融なども、今は申し込みが14時に間に合えば、即日融資に応じられるようになっているのです。一般的には、キャッシングの審査に約2時間ほど必要です。好感を持った消費者金融を探し当てたら、きっちりとその業者に関する口コミも調べましょう。理想的な金利でも、ただそれだけで他の点は最低なんていう会社では全く無意味になってしまいます。銀行グループになっている消費者金融でも、パソコンからの申し込みを受け付けているところも探せばたくさんあります。そのためもあって、融資についての審査時間の改良と申し込んだ当日の即日融資が可能になったというわけです。2010年6月における貸金業法の改正に対応して、消費者金融業者と銀行は大きく異ならない金利帯による融資を行っていますが、金利ばかりを比較してみたならば、突出して銀行傘下の金融会社のカードローンの方がお得な設定になっています。低金利のところでローンの借り換えをして、更に低い金利を実現することも有効な方法の一つです。しかしながら、一番はじめに特に低金利となっている消費者金融を選んで貸付をしてもらうのが理想的なやり方であることは確かです。誰にとっても不安感を持たずに借りることができる消費者金融会社をランキング一覧して簡潔な一覧表にしているので、未経験でも心配なく、ゆとりをもって融資をしてもらうことができそうです。今月お金を借りて次の給料が入ったら全額返済できるなら、すでに金利のことを考えつつ借りる必要はないということです。無利息で借りることのできる便利な消費者金融会社が存在するのです。小~中規模の消費者金融業者で、聞いたことのない名前の業者だと、本当に借りられるのかな…と非常に不安になるのも理解できます。そんな場合に助けになるのが色々な口コミです。7日以内に全ての返済を終えたなら、何度キャッシングをしても無利息の借り入れが可能という消費者金融も存在します。一週間という短い間ですが、完済する心当たりのある方には、非常に便利な制度だと言えます。消費者金融における審査とは、申し込みを行った人がきちんと収入を得ているかを確認するというのも目的の一つですがそれ以上に、利用者に借入金を滞りなく返せる力量があるかもしくはないかということを審査するというものなのです。大半の名前の通った消費者金融系キャッシング会社は、契約手続き完了後に指定の銀行口座に当日すぐに振り込める「即日振込」のサービスだとか、新規にご利用になる方には30日間無利息で利用できるサービスなどを実施しておりなかなかの人気です。「やむにやまれぬ事情で今すぐにでもお金が用意できないと困る」・「自分の両親にも大切な友人にもお金を貸してとは言えないし」。そういう場合は、無利息となる期限がある消費者金融に力を貸してもらうのが一番です。実生活で利用してみたら予想外の出来事があったなどという口コミもたまに見かけます。消費者金融会社の色々な口コミを公開しているページがたくさんありますから、確認しておいた方がいいのではないでしょうか。一般のクレジットカードだったら数日~一週間くらいで審査をパスすることが叶うのですが、消費者金融の方は勤め先や年収額もしっかり調べられ、審査に通ったかどうかがわかるのは1か月程度後になるのです。